<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5月27日 南房ジギング@白浜渡船

member:本山くん 私

time:13:00~17:30

白浜渡船の午後船にいってきました

日によってムラがあるものの、ヒラマサ・ワラサがフィーバーすることもあるらしい!

本山くんが乗船位置のクジをひき、見事みよしポジションを獲得!
f0177621_15303533.jpg

いざ出船!

白浜渡船のポイントはいつも近く、水深もそれほど深くないので釣りやすい

一流し目は不発で、2流し目

私の投入したジグがいつまでたっても糸が止まらない、

水深はそれほどないのにおかしいな、と思いつつ半信半疑でアワセをいれるといきなり力強い引きが!!!

魚だ!!!

かけてしばらくはかなり暴れたものの、ドラグを出されるほどではない

小笠原のタックルをそのまま使っているので(PE4号+フロロ14号)切られる心配はほとんどない

やがて浮上してきた魚を船長がランディング!!
f0177621_15342374.jpg

ヒラマサ4㌔オーバー 75㌢!!!
f0177621_1535454.jpg

このところヒラマサに恵まれている!

この魚が船中1尾目で、他の釣り人の活性も否応なしに高まる!

その後も船中ではワラサやヒラマサがぽつぽつヒット

残念ながら私と本山くんには大物はヒットせず、イナダ数尾を追釣

そして事務所にもどり午前船の釣果を聞き愕然

ヒラマサ22本、ワラサ24本…

今日は午前船の日だったか…(泣)

しかしながら必ずしも午前のがいいとは限らないのが難しいところ

一度爆釣DAYにあたりたいものだ

by skycaster | 2012-05-30 15:40 | 釣行記

5月12日 小網代湾シロキス釣り

member:40名くらい?
       一緒の船に乗ったのは、たもんくん、KOTA、海洋大の方々

time:07:00~12:00

学釣連のシロギス釣りにお邪魔してきました

参加者は40名近くいたので数隻の船に分かれて出船

とはいえ、一隻あたり4~5名なのでめちゃめちゃ広々でした

時期的にもシロギス釣りにはいいシーズン

が、ワタクシのファーストヒットは…
f0177621_152842.jpg

なぜかミノカサゴw

しかしその後はシロギスが順調にヒットし楽しい展開に

カワハギも混じり小物釣りを満喫

密かに狙っていた端物竿は一度も発言をしてくれなかったけど、まったりできました
f0177621_1535926.jpg

この日の私の全釣果!

1週間前まで小笠原で200㌘のジグをしゃくっていたので体に優しい釣りでしたw

ところで今回私の長き釣り人生で初めての経験が!
f0177621_1553148.jpg

釣れたカワハギについていたタグ!

船の上で釣れたときにはこのタグに海藻類が付着していて、全く気付かなかったのだが、陸に上がってよく見てみるとタグがついていた!

これはまさしくJGFAのもの!

タグの番号を後日JGFAに報告するとこんなものが送られてきました
f0177621_15133194.jpg

ちょっと見にくいけれど、要は2012年2月5日に小網代湾で放流されたものが、2012年5月12日に私の竿にかかったというもの

放流から再捕までの日数は97日 全長は16.3㌢⇒19.5㌢に成長していることが判明

今回は移動距離がなしだったが、千葉でタグをつけて放した魚が四国まで移動していることが分かったケースもあるという

タグと分かっていたらもう一度逃がせばよかった…

皆さんもタグが付いている魚を釣ったら、番号をメモり、また逃がしてあげましょう

by skycaster | 2012-05-16 14:53 | 釣行記

4月28日~5月6日 第2次小笠原遠征part2

5月2日

この日も起きてみると天候悪く雨がぱらぱら

これまでの2日間のオフショアで体力的にも疲れがたまっている

しかし、ここは小笠原、出航しないわけにはいかないのだ!

さすがに全員とはいかず、私、ぷろさん、いまいでくんの3人で再びぎょうてん丸へお世話になる

ポイントとしては前日、前々日と同じポイントを流す

が、、、反応がない…(汗)

これまでの疲れと雨でくじけそうになりながらしゃくるしゃくる…

こない(泣)

開始3時間でかろうじていまいでくんが1匹
f0177621_15433948.jpg

あまりにもジギングが釣れないのでエギングへと変更
f0177621_15441215.jpg

が、釣れず…

どうしてしまったのだろう

私とプロさんは脆弱な雨具しか持っておらずそのうちこんなかんじで破れはじめる
f0177621_15445141.jpg

もうすっかり全身浸水 苦行や…

お昼過ぎ、オフショア初日にいまいでくんがヒラマサを釣ったポイントへ

今日はダメな日なのか、すっかり諦めムード

が、小笠原はやはり小笠原であった!

水深70メートル 着底から間髪いれずワンピッチショートジャークを入れた私のジグに何かがヒット!!

かけた当初はそれほど大きくないかと思ったが途中から暴れ出しドラグを引きずりだされる!!

浅目のポイントなので走らせるわけにもいかない

そう判断しドラグを手で止めるが熱をおびて熱い!

今までで一番の引きをなんとかいなしながらファイトすること5分

水面下に銀色にギラっと輝く魚体が!

カンパチか!!??

浮いてきた魚を同乗の釣り人が見事ランディング!
f0177621_1550266.jpg

まさかのヒラマサagain!!!

柳の下にヒラマサはいた!!
f0177621_213469.jpg

全長1メートル 重さ9㌔

もうちょっと腹周りがあれば確実に10㌔オーバーであったろう

初ヒラマサにしてこのサイズ!

いままでの苦行を吹き飛ばす最高の1尾だ!!

この後はさすがにミラクルは起こらず、雨足も強まってきたので少し早目の帰港

3日連続のオフショアでくたくただったので魚をさばく気力がおこらず、釣ったヒラマサは近くの居酒屋に寄贈
することとなった

さぁ、明日も船だ!!

5月3日

朝5時過ぎ、目を覚ます

さすがに疲労が抜けきらない

窓を開けるとこの日も雨、しかも風も強そう

本日もきつい一日になりそうだと覚悟したとき、船宿から出船中止のお知らせが

残念だったが、ちょっとほっとしたのも事実

再び眠りにつき、昼過ぎから小物釣りに行くことに

時折小雨降る中小湊へ出撃

狙いはメッキ&ティラピア
f0177621_20342851.jpg

カヤックなどのマリンレジャーな人たちに混ざって釣り開始
f0177621_20351276.jpg

喰いは渋かったものの小魚達が遊んでくれた

その後雨が降ってきたので撤収

が、なぜか海水浴のながれにw
f0177621_20361019.jpg

極寒でした…

帰って速攻でシャワーを浴び、居酒屋へ
f0177621_20382567.jpg

f0177621_20383936.jpg

カメレバ刺し&カメ煮込み

男料理ばかりでさすがに辟易してたので、なんとも美味しくかんじられた

この日はみんなそれほど釣りをしておらず、体力があったので、ご飯を食べ終わった後は第一次サメ討伐に出撃!(青灯)

エサはキハダ&カンパチ&シマアジというバチあたりな豪華さ!

最初こそアタリはなかったが、コマセと称し、上記高級魚の切り身をどんどん海にほうりこむと、やつらが寄ってきた!

竿を出していた全員にヒットするもみんなぶち切られる…

なんとかして釣ってやろうと熱くなるが、仕掛けがどんどんなくなっていき、一人、また一人と脱落…

サメ討伐失敗か、諦めかけた終盤、今出くんにヒッツ!
f0177621_2046091.jpg

もう仕掛けがないので慎重にファイト
f0177621_20462792.jpg

そしてついに水揚げ成功!!
f0177621_20465253.jpg

水揚げには全員の力が必要なので、すごい達成感!(笑)

なんとかサメ討伐成功!

イカとは違った夜の楽しみを見つけてしまった!

5月4日

丸一日釣りができる最後の日

最後の最後でようやく晴れてくれた

この日の船は小笠原の超有名店POCOフィッシングスタジオ

今まで幾度となく店には行っていたのだが、船に乗るのは初めて

クルーザータイプの船もあったのだが、今回は小さい和船タイプの船で出航!
f0177621_2057545.jpg

船は小さいが、高馬力のエンジン2基を搭載しておりとってもスピーディー

仰天丸とは違う島周りのポイント(水深70メートル)からスタート

開始まもなく、私にカンパチが連続ヒット!
f0177621_2059355.jpg

f0177621_20595032.jpg

サイズはちょっと小さめ

サワラが見えたのでみんなでトップを投げてみる
f0177621_2114661.jpg

が、不発…

釣れないので、綺麗な入江にアンカーを降ろしランチ&イカ釣り
f0177621_2133773.jpg

f0177621_214217.jpg

綺麗な景色にはしゃぐプロさんw

アンカーで固定されているので、それほど数はでなかったが、イカも釣れた
f0177621_215177.jpg


その後は島周りのサラシをGTでも出ないものかとキャスティングしながら流す

が、そう簡単にはGTは釣れず、てつくんのポッパーにカスミアジのようなものがバイトしたのみ

最後はやっぱりジギング

カンパチは出なかったものの、根魚が好調
f0177621_2174011.jpg

f0177621_218351.jpg

てつくんには高級魚ツチホゼリが!!
f0177621_2183331.jpg

美味しいお土産を各自確保し港へ帰港
f0177621_2191310.jpg

おいしそう…

型物は出なかったが初POCOに乗れたことに満足、とても快適な船でした

さて、小笠原最後の晩餐は…
f0177621_21133233.jpg
超特大キムチ鍋!!!

肉は軽く1㌔オーバー プロさんがニンニクを食べて力をつけないと帰りの船旅は乗り越えられないなどと意味不明なことをいい、大量のニンニクが投下されなべの中はカオスな状態に(汗)
f0177621_21134793.jpg

完成品は美味しそう 

無事完食!!

食後、満腹で極限状態だったが、今宵もやつを成敗しなければいけない!

第二次サメ討伐出撃!!

昨夜散々ぶち切られた反省を活かし、仕掛けを強化
f0177621_21172117.jpg

もはや紐w

それでもやはりヤツは強かった!

針は強化したものの、リーダーが堤防際で擦れてブレイク、抜きあげ時に高切れ等、トラブルでなかなか水揚げできない、、、

それでもなんとか数尾のサメをランディング!!
f0177621_21194028.jpg

f0177621_21195381.jpg

仕掛けを切られ、ロープに針を結びつけて釣ったてつくんw
f0177621_21203617.jpg

こうして小笠原最後の夜がふけていった

5月5日

悲しい悲しい小笠原最終日

東京への荷物の預け入れがあるため釣りはせず、島一周などをしながらその時を待つ

変わらない温かなお見送り
f0177621_21253822.jpg

f0177621_21255425.jpg

毎回これにはぐっとくる(涙)

その距離ゆえ、交通の不便ゆえそう簡単に来ることはできない小笠原

自分が死ぬまで後何回訪れることができるだろうか…

だからこそ一回一回のそこでの釣り、一緒にいったメンバーと過ごす時間がかけがえのないものに感じる

ありがとう、小笠原!

また必ず行きます!!
f0177621_2129513.jpg


2012小笠原釣行 (完)

by skycaster | 2012-05-11 15:35 | 離島遠征

4月28日~5月6日 第2次小笠原遠征part1

member:梅沢さん プロさん いまいでくん てつくん つじー 私

夢の小笠原遠征!

一昨年初めて小笠原に行って以来、すっかり小笠原の虜になってしまった私

荒波にも負けず2年連続の小笠原です!

小笠原といえば昨年世界自然遺産に登録され、認知度・人気共に急上昇の話題スポット

その影響なのか今回はチケット入手含め事前予約が非常に大変だった

小笠原に行くほぼ唯一の交通手段は東京竹芝から1週間に一度出航するおがさわら丸(通称おが丸)

毎年GWのチケットは3月上旬に発売される

まずはチケットを確保しないと何もはじまらないので発売日当日昼過ぎにコンビニでチケット購入を試みるもすでに売り切れ表示(汗)

仕方ないのでおが丸に直接電話をかけるも一向につながらない…

結局チケットはてつくんにお願いしてなんとか人数分確保に成功!(実に80回以上リダイヤルしたらしい)

私も30回以上リダイヤルしてレンタルバイクを確保!そして宿も5~6件断られようやくちどりさんの部屋を確保することができた

そんなこんなで非常に苦労したものの、事前準備完了!

あとは出航に向かってひたすら期待に胸を膨らませる!

28日

待ちに待った出航当日!

釣りの前はどんな釣りでも高揚感があるが小笠原への出航前はその比ではない!

小笠原への所用時間は25時間半 

飛行機等に慣れた現代人にとってはありえない時間だろう

小笠原への飛行便の計画もあるようだが、個人的な意見でいえば全くもってナンセンス

この不便さ、遠さこそがいいのであり、誰もが気軽に短時間で行けるようになってしまってはいけない場所だと思う

便利さと引き換えに失われてしまうものが多すぎる気がするのだ

さてさて話がそれてしまったが、GW航海で満員状態のおが丸は午前10時予定通り東京竹芝桟橋を出航
f0177621_233449.jpg

バイバイ東京!
f0177621_2341575.jpg

こんなビルもあと1週間は見ることがない
f0177621_2345832.jpg

行きの解放感最高!!
f0177621_2352398.jpg

船内はまさに‘寿司詰め’状態

出発7~8時間すると外洋にでて少し酔ってくるのでアネロンを飲んで強制睡眠
f0177621_2365649.jpg

夜少し起き出しおが丸カレーを食べる
f0177621_23825.jpg

早く着かないかなー

29日

出航から25時間30分

ようやく小笠原二見港へと到着!
f0177621_1840537.jpg

快晴!!というには程遠い天気

しかも降り立つと同時に雨もぱらぱら降ってきた…

へこんでいても仕方ないのでとりあえず今回のお宿ちどりさんへ向かう

本日は船に乗る予定はないので早速ショア用のタックルを準備し港へ向かう!

昨年30㌢級のメッキが釣れた港奥のポイントへ

人数が多いので楽勝と思ったのだが、投げれども投げれどもメッキ様からの反応はなし…

結局母ケツまで戻ってようやく小笠原初フィッシュ!
f0177621_18455265.jpg

ヤガラさん!

ここの岸壁は足元がえぐれているのでおそらくそこに着いていた魚であろう

ヤガラを釣ったあとはややゴツめタックルに持ち変え釣り浜まで遠征!
f0177621_1855389.jpg

下りの山道を頑張って降り到着するもお目当ての左のポイントにはすでに先釣者が…(釣り浜の主)

というわけで誰も行ったことのない右側のポイントを開拓することに
f0177621_18483766.jpg

しかし、水深が浅く釣りずらい

結局梅沢さんがアカバを1匹釣ったのみでこの日の釣りは終了

本番は明日以降なのだ!

夜、小笠原での初めてのディナー

定番のキムチ鍋かカレーどちらにするか紛糾したものの、今回はカレーを選択することにw
f0177621_18505233.jpg

プロさんがさも‘ジャガイモ’を切っているように見えますが全てニンニクです(汗)
f0177621_18561082.jpg

あ、雨水!!??

雨水&鬼ニンニクカレー
f0177621_18574494.jpg

でもまぁ旨そうだw
f0177621_1858929.jpg

民宿ちどりには外にこのようなテーブルがあるので非常にGOOD!

宴もそこそこに明日に備える!

明日は船だー!!

30日

待ちに待ったオフショア初日in小笠原!!

昨年も大変お世話になったとじさんの船に今回も乗せてもらうことに
f0177621_1942918.jpg

1年間ほんの少しだがオフショアの経験を積んだので楽しみで仕方がない!
f0177621_198618.jpg

私も含めみんなのタックルの料が半端ない!総額幾らだろう…
f0177621_1991689.jpg

いざ出航!!

早速ジギング!!

の、前になぜか磯に乗りたがり屋なプロさんを磯に捨て置くw
f0177621_191091.jpg

頑張れよー

プロさんを磯に置きようやくジギング開始!

水深は100メートルほど

最初のヒットは私にキタ!

着底数巻きでガツンと当たるもフッキングせず、しかし数シャクリしたところで再度アタリが!

ガツンと合わせて上がってきたのは
f0177621_1913627.jpg

青チビキ!てっきりカンパチだと思った

その後私にはいいアタリが数回きたのだがすべてうまくフッキングせず…
そのうち一回はドラグが全く止まらない魚だった (汗) 今思えば大変悔やまれる…

他のメンバーも順調に魚をゲット!
f0177621_19152241.jpg

f0177621_19153939.jpg

つじーは初オフショアが小笠原とはなんともうらやましい限りw

ジギングの調子がいまひとつとみるやイカに即転向
f0177621_19174369.jpg

このスピーディーさが素晴らしい!
f0177621_1919836.jpg

イカは去年ほどではないが順調にヒット
f0177621_19194141.jpg

そして絶対に陸からは入釣不可な入江に船着けしてもらい
f0177621_19213188.jpg

2名限定で上陸!
f0177621_19215656.jpg

なんて贅沢なんだろう!!
f0177621_19222221.jpg

イカと一通り遊んだあとは再びジギングへ!

朝一より魚の活性はいい!
f0177621_19275828.jpg

f0177621_19231150.jpg

f0177621_19232886.jpg

f0177621_1924401.jpg

f0177621_1925961.jpg

f0177621_19263613.jpg

f0177621_19265049.jpg

好調なてつくん!
f0177621_19281310.jpg

私にもカンパが!

そして本日のクライマックスはいまいでくん
f0177621_19321346.jpg

夕刻、水深70㍍とやや浅目のポイントでズドンとキタ!!
f0177621_19331035.jpg

うなるドラグが良型魚であることを期待させる 正体は何だ!?
f0177621_19341100.jpg

なんとヒラマサ!!

小笠原にもいるんだ!

いまいでくんは普段外房でヒラマサを狙っているのでひと際うれしそうだった!

ラストを飾る素晴らしい魚だ!!
f0177621_1937355.jpg

本日の主な釣果

ヒラマサが一際輝きを放つ!
f0177621_19362661.jpg

どれも小笠原サイズにはほど遠いがたっぷりジギングを堪能することができた!

明日も釣るぞー!!

5月1日

オフショア2連続

が、本日は雨…

しかし、海さえ荒れていなければ釣りはできる
f0177621_19512450.jpg

出航じゃ!!

朝一は昨日同様ジギングからスタート

しかしいまいち反応がなくぽつぽつといったところ
f0177621_1953180.jpg

f0177621_19531783.jpg

サイズは昨日よりかよさげ

そんな中、鳥さんが集結しているのを発見!!

急行!!

キャスティングタックルに持ち変えキャスト開始

時折鳥が海面に突っ込みいい感じ!!

しかし、足が速いのか反応はなし

何度か鳥を追い船を走らせたもののダメ、諦めかけたその時、みよしから投げていた私のボラドールがひったくられた!!

派手に走らず下へ突っ込むような引きはおそらくマグロ!!

かなりの引きだがドラグを出されるほどの引きではないのでなんとか耐える…

そして浮いてきたのは…
f0177621_19571983.jpg

1㍍ 9キロオーバーのキハダマグロ!!

昨年私が釣った7.7キロを少し上回るサイズだ!!

ガチオフショアをやる人にとってはなんてことのないサイズだがとてもうれしい!!

アシストして頂いた同乗の方、ありがとう!!

マグロを釣った後、すっかり鳥も収束してしまったのでジギングを再開

するとまたしてもドラマが!!

大どもでジグを操っていた梅沢さんが何かをかけた!

みんな最初はカンパチかと思っていたのだが、どうやら魚が大きそう

浮いてきたのはなんと…
f0177621_2015749.jpg

95㌢ 8.5㌔のシマアジ!!

これには船中皆大興奮!!

PE3号 ギャロップ120㌘でよくあがってきたものだ!

梅沢さんはこれが実質オフショアでかけた魚の1尾目

こんなプレゼントをくれるなんてさすがは小笠原!夢に満ち溢れたフィールドだ!

ジギングの反応が悪くなったのでエギングに移動

しかし、どうしたことが昨日より反応が悪い…

ポイントを数か所移動するも全く釣れず…

今日はNOイカDAYなのか、、、

そして昨年たかまが3㌔のアオリを釣ったポイントへ

しかし、ここでも反応なし…

もうだめなのか… 何気なく水面をみると真っ赤で宇宙人のような物体を発見!!

デカイカだ!!

ちょうどこのとき私はキャスト直後

運よく私のキャスト線上にデカイカがいたので速攻で投げたエギを回収し、デカイカのそばまできたところで
フリーフォール

ゆっくりと沈んでいくエギ 

するとデカイカもエギを追いかけてゆっくりと沈んでいく!!

エギが見えなくなったと同時にラインが走る!! 高まる鼓動!!

今か!? いや、もう少し!!

頃合いを見計らいソフトにアワセを…

のったーーーーーーーーーーーーー!!!!!

デカイカの重さが伝わると同時に大型特有の派手なジェット噴射

根の方向に一直線に逃げていく!

これは危ない!

鳴りやまないドラグを手で押さえ強引にこっちへ引きよせる

しばしのやりとりの末無事ランディングされたのは…
f0177621_20144388.jpg

2㌔アップのアオリイカ!!

マグロにイカに今日の私は持ってる私だ!!w

本日もクライマックスによい魚(イカ)をゲットし港に帰港
f0177621_20205211.jpg

夢の魚2種 小笠原のフィールドの豊かさに感謝!!

なおこの日の様子は梅沢さんが動画にとってくれているので、興味のある方はご覧下さい

夜は昨日釣った魚をつまみに宴
f0177621_20171392.jpg

カツオ刺し・カンパチ刺し・イカ刺しetc 非常に豪華
f0177621_20174121.jpg

イカリングフライも非常に美味だった

明日もオフショアだー!
(PART2へ続く)

by skycaster | 2012-05-10 23:08 | 離島遠征