<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月27日 伊東沖磯

member:もりくん・SATOさん・私

time:06:30~14:00

もりくんのお誘いで伊東沖磯へ(川奈港出船)

実は私沖磯の経験といえば磯釣り大会での烏帽子しかない

伊豆での初めての沖磯ということで不安半分期待半分

まぁ私が釣れなくてももりくんとSATOさんがいるので魚は釣れること間違いなしでしょう!w

朝6時過ぎ川奈港を出船 どこに渡れるかは出てからの判断らしい
f0177621_22482961.jpg

地寄りの磯に同船の釣り人を降ろした後いよいよ本日渡れる磯が見えてきた
f0177621_22492195.jpg

当たり前だけどめちゃめちゃ沖磯じゃないっすかw

もりくんによるとここは尾根という磯で海況のよい時でないと渡ることのできない一級磯らしい!

これはなんという僥倖 釣るしかない!
f0177621_2251674.jpg

船からみると絶海の孤島と思われたが、実際渡ってみると4人程度であれば悠々と竿が出せる

早速釣り開始

まだ水温が高いのだろうか、スズメダイ系の餌取りが半端ない…

開始1時間ほどはみなヒットはなかったが、それでも餌取りをうまく分離してもりくんやSATOさんが竿を曲げる
f0177621_22561561.jpg

f0177621_22563011.jpg

f0177621_22564635.jpg

口太36㌢!!

私はというとなぜかハギ類に好かれるw
f0177621_22573379.jpg

余裕で40オーバーのウスバハギ

その後もウスバ・ウマズラとハギ無双に陥る私

それでもなんとか30オーバーのメジナをぽつぽつ仕留めることができた
f0177621_22584810.jpg
f0177621_22585926.jpg


しかし、私を含めお目当ての40㌢オーバーが出ない…

一度だけ私に強烈なアタリがあったものの、止めることすらできずラインブレイク…(泣)

やがて反応も薄くなってしまったので磯の上でお昼寝time 体中が痛くなったw

午後になるとどういうわけか餌取りが少なくなり釣りやすくなる
f0177621_231546.jpg

36㌢の口太
f0177621_2322320.jpg

f0177621_2324123.jpg

お見事!37㌢尾長!

結局終了までに40㌢オーバーは出なかったものの、全員の30㌢オーバーを並べるとこの釣果
f0177621_2335076.jpg

さすがは沖磯!!
f0177621_2341336.jpg

これは私の釣果 30~36のメジナにハギ類3 

今回40オーバーは出なかったが久しぶりのフカセの釣果としては大満足

オフショアジギングの料金に慣れてしまった私にとって5000円でこれだけ楽しむことができれば大満足

もりくんまた誘って下さい!

by skycaster | 2011-11-30 22:37 | 釣行記

11月3日~6日 第一次三宅島遠征

member:いなんば みながわくん たかま いけのくん KOTA 奏さん 山ちゃん プロさん

これまで大島(4回)・新島(5回)・神津(1回)・八丈(1回)と行ったことのある私だが、三宅島は初 そして釣部としても初の三宅島合宿

今まで三宅は遠いという勝手な思い込みをしていたのだが、航路的には22時東京発5時三宅着という大島よりも早い到着時間

朝マズメを狙えるという意味でもこれは非常に魅力的

魚の釣れ具合によっては新島並みに通う島になりそうだw

3日

前日の22時東京を出発し三宅島へ
f0177621_1523630.jpg

東海汽船の船の中ではいなんばくんがプロさんの‘かわいがり’を受け船内の階段で明日のジョー状態になっていたような気もするが、朝5時無事到着

まだ暗い中、宿まで歩いて向かう

今回の宿はホテル海楽

泊って感じたのだが、ここは本当に釣り人に優しい宿!

洗濯機・乾燥機・釣り道具部屋あり、レンタカー充実、ホテル内に釣り具やありとまさに至れり尽せり!

三宅へ泊った際にはぜひここに泊ることをおすすめしたい!

さて、釣りの話に戻る

朝5時に着いたので朝マズメは十分狙える

早速各自準備の上釣り場に向かう

三宅島最初の釣り場は伊ヶ谷という釣り場

堤防とサーフから構成されている

宿の人の話では砂浜からヒラメが狙えるとのことだったので、私とたかま、そしてみながわくんがサーフへエントリー
f0177621_1252073.jpg

他のメンバーは回遊魚やイカを狙いに堤防へと入っていった

伊ヶ谷のサーフはそれほど大きくないため、全てをさ探るべく、まずは堤防付け根から順番にうっていく

私の最初のルアーはワームをセレクト 伊ヶ谷サーフはゴロタや根がけっこうきつく入っており、高価なヒラメ用ルアーを失いたくなかったのだ

ワームをつけて砂浜を釣り歩き、30分ほどで端から端まで釣り終えてしまった

やはりヒラメ様はそう簡単に釣れないのか…

そう思って堤防にでも戻ろうとしていた時!

なにやらたかまが叫んでいる!

ヒラメ!という声を聞き取り駆け寄ると…
f0177621_1303359.jpg

なんと!!
f0177621_1305633.jpg

見事40㌢オーバーのヒラメ様ゲット!!

ちなみにルアーは私が貸したヒラメ用ミノー

自分が先に探っていたポイントだったので、ミノーを使っておけばよかったと少し後悔

ワームからミノーに速攻でチェンジし、釣り再開

と!ここでたかまに再びヒット!!

が、今度の魚はヒラメではない!!

かけた瞬間ドラグが止まらないのだ!!(汗)

しばしやりとりしていたのだが、やがて無念のラインブレイク

たかまはエギングタックル(PE0.8号)でやっていたので、大型魚をとるにはかなり厳しい状態であったが、せめて姿だけでも見たかった

大型魚をばらしてしまったものの、確実にここには夢の魚がいる!

期待をこめて投げ続けると私にもついにヒット!

が!!数巻きしたところでフックアウト(泣)

明らかに魚の引きだったのだが…

このばらしでツキが逃げてしまったのかその後は反応なし…

堤防に戻ろうかとおもったが、堤防を越えた反対側にもサーフがあることを発見

そこに行くにはゴロタ場を越えなくては行けないのだが、迷わずエントリー

こちらの砂浜は岩もなくて釣りやすい

そしてヒラメは足で探れの格言通り砂浜を釣り歩く

砂浜の左端からはじめ、右端までさしかかったその時!

とうとう何かがヒット!!

あがってきたのは…
f0177621_1413029.jpg

やった!! (o´∀`o) とうとうヒラメ様をゲット!!!
f0177621_1424749.jpg

サイズはたかまが釣ったのとほぼ同サイズ

あれだけ新島でおっかけていて釣れなかったものが、三宅島上陸後2~3時間で釣れてしまうとは!

この一尾でみんなの待つ堤防に凱旋帰国w

堤防組はプロがカンパチ KOTAがアオリを釣った模様
f0177621_1495915.jpg

今夜の夕食が楽しみだ!

宿に戻って改めてヒラメを記念撮影
f0177621_1512169.jpg

初日いきなりヒラメ様2尾 これは明日以降も期待大なはず!

さて、三宅上陸後数時間で‘勝ち’を収めた感のある我々

本来であれば昼間はお昼寝timeなのだが、ここで三宅島特有の裏ターゲットを狙いにいく

裏ターゲットとはずばりブラックバス!!

なぜに太平洋の離島にバスがいるのかは不明だが、かなり昔から三宅島の大路池にはバスが生息しているそうだ

しかも狙って普通に釣れる程の魚影らしく、50㌢オーバーの噂もある池なのだ

さっそく大路池に向かって出発!

途中地元のおばさんによる謎の洗礼を受けつつもなんとか到着
f0177621_21644.jpg

なんでも2500年前にできた伊豆諸島最大の淡水湖らしい
f0177621_2181978.jpg

f0177621_2184366.jpg

景観は綺麗というかどこか神秘的

果たしてバスは釣れるのか!?

一足早く投げた奏さんによると1投目からチェイスらしきものはあったらしい

そこで私もワッキーでねっちっこくやると…
f0177621_2202248.jpg

三宅島ギル!!(笑)

ギルは結構群れていたのだが、最初に入った桟橋ではバスの反応が薄かったため、奏さんと山ちゃんは対岸近くのポイントまで遠征

そして見事35~40㌢のバスをそれぞれ1匹ずつ仕留めることに成功!
f0177621_2222987.jpg

f0177621_222461.jpg

三宅島バスの写真は結構貴重かも

内地のバスに比べ歯がかなり鋭かったらしい

雨も降ってきたのでバス釣りは小一時間程度で終了

本格的にやればもっと数が出たのかもしれない

さて、再び宿に戻った後は食事までフリータイム

私は疲れていたので行かなかったが、夕マズメエギングをしに行った方々は何杯か仕留めたもよう
f0177621_2263056.jpg


そしてお待ちかねの夕食 朝釣ったヒラメ・カンパチ・イカを海楽さんがお造りにしてくれた!
f0177621_228850.jpg

す、素晴らしい!!(*´∀`*b)

合宿史上最高の夕食
f0177621_2294479.jpg

もちろんお造り以外の通常の食事も量・味共に大満足!

食事なし素泊まりでいつも〇〇ストアで半額惣菜をつついている私としては最高に満足の夕食となった

さて、夕食後はもちろん釣りに!(今回はガチ釣りメンバーばかりなので全員で出撃ですw)
f0177621_2322942.jpg

深夜全員でタックルセット (なんだか怪しい…w)

一応狙いはアジだが、あまり芳しくなく、サイズも出なかった

早々にアジをあきらめエギングをしていた私になんとか一杯
f0177621_2335662.jpg

もう少し時期が経てばでかいのがでるのかもしれない

夜の部は22時過ぎに終了

ヒラメ→バス→イカと非常に充実した一日だった 明日はオフショアに挑戦だ!

4日

2日目、海楽さんの船でオフショア組と、ショア組に分かれる

オフショアメンバーは私・奏さん・いなんばくん・みながーくんの4人

伊豆諸島発、初のオフショアということもあり期待感MAX!
f0177621_21231283.jpg

朝6時出船!

最初のポイントはなんと三本岳周り

言わずと知れた名礁である!

出船後30分ほどで三本岳が見えてきた
f0177621_2125426.jpg

これは釣れるでしょう!

そして一投目
f0177621_2128340.jpg

いきなりいなんばくんにヒッツ!! やはりオフショアになると強い!(笑)

ドラグを出すほどではなかったがあがってきたのは
f0177621_21322659.jpg

食べごろサイズのカンパチ!

一投目から釣れてきたので今日は爆釣か!?

と思ったのもつかの間、その後はしゃくれどもしゃくれども反応はなし…

三本岳を目前に臨み雰囲気は抜群なのだが…

全く反応がないのでジグの合間にタイラバ&ガルプの組み合わせで遊ぶ
f0177621_21353324.jpg

モンガラなどの餌取り系に苦しみながらもなんとかアカハタをゲット!
f0177621_21362092.jpg

その後私がジグでアカハタをもう一尾追加

三本周りで反応がないのでその後はポイントを島周りへと移動

が、ここでも状況は変わらず…

一度だけムロアジを泳がせていた奏さんの竿に強烈なアタリがあったものの無念のラインブレイク…

結局追釣することができず12時過ぎに帰港

うーむ、毎度のことながらオフショアは難しい
f0177621_21391516.jpg

オフショアキープ分 食べごろといえば食べごろだがもっと釣りたかった!(泣) リベンジしたい!

一方ショア組はというと…
f0177621_2140998.jpg

KOTAがヒラメ2尾を仕留め一人勝ち! 釣り場は伊ヶ谷サーフ

昨日のヒラメは偶然ではなく、三宅は本当にヒラメの魚影が濃いようだ

私はオフショアの疲れが残っていたので昼間は仮眠

夕方はかなり雨が激しかったが、ヒラメを狙わないわけにはいかない!再び全員で出撃

伊ヶ谷に着くとさらに雨が激しくなりさすがにガチメンバー達のやる気も委縮

しかし!私、やまちゃん・みながー・いけのくんの4人が果敢にもサーフへと向かっていった!

して結果は…!?
f0177621_21455291.jpg

f0177621_21461177.jpg

見事山ちゃん・みながーくんがヒラメを仕留めることに成功!サイズはやはり45㌢ほど

三宅ヒラメ釣れ過ぎ!

そして夕食
f0177621_21472252.jpg

ヒラメ&カンパチ刺しに
f0177621_21475263.jpg

アカハタの塩蒸焼き!

旨すぎる!!ここまでやってくれると魚を釣るモチベーションがいつも以上に高まる

明日もがんばろう!

5日

朝5時過ぎ、奇跡の全員起床w ヒラメが途切れることなく釣れているため皆さま高モチベーション

伊ヶ谷へと向かう

が、この日の伊ヶ谷は波が高い…

初日たかまがヒラメを釣ったサーフは入釣不可能なので右側のサーフへとエントリー
f0177621_21562081.jpg


THE朝マズメ!というかんじで雰囲気は抜群なのだが、さすがに釣りつくしてしまったのだろうか

投げれども投げれどもヒラメ様からの反応はなし

しかも時折くる高波が結構デンジャラス…

と、ここで事件が!

上の写真の流木の上に乗ってキャストをしていた私が、引き波にやられ流されかけるw

前から来る波を耐えて油断したのだろうか思い切り流木の上から海にDIVE!

波中で一回転するもなんとか態勢を立て直し浜にかけずり上がる

が、サンダルの片方と帽子が離岸流に乗って殉職(泣)

さらに携帯も殉職… 絶対防水を買おう!

結局これにより私は強制終了 他のメンバーもノーフィッシュに終わってしまった

宿に戻り身ぐるみ全て乾燥機に押し込みしばしブレイク

そしてこの日帰ってしまうメンバーを見送った後、夕方からは錆ヶ浜港でフカセをやることに

三宅といえばメジナがなんといっても有名 50オーバーはおろか60オーバーも狙えてしまうフカセ釣り天国なのだ

本当は地磯に行きたかったが今回フカセをやるメンバーは私しかいなかったので大人しく港で釣りをすることに

とはいえ港でも40オーバーの良型メジナが普通に狙って釣れるらしい

水温が高いこともあり釣り開始直後は餌取りの猛攻

メジナも釣れるには釣れたが満足には程遠いサイズ
f0177621_2265893.jpg

夕マズメにはウキを文字通りぶっ飛ばす強烈なアタリが!!
f0177621_2275777.jpg

が、しかし…
f0177621_2282147.jpg

イスズミ(泣)

完全に日が沈んでからはハタンポの無限ループ

その中で唯一キントキ系の魚を釣ることができたがメジナの大物は釣れずフカセ終了
f0177621_2294860.jpg

うーん、せめて30オーバーを釣りたかった

まだまだ釣り場を全然知らないので今度来るときはちゃんとフカセをやろう!

6日

最終日、さすがに疲れがでたのか朝マズメに釣りに行ったのは私といなんばくんのみ

伊ヶ谷へと向かい私はヒラメ狙い いなんばくんは堤防で回遊魚狙い

波は昨日よりは収まり少しだけ釣りやすくなっていた 

お土産確保を目指し丁寧にサーフを打っていく

開始1時間ほどで強烈なアタリが!!

キタ!!!
f0177621_22131410.jpg

エソ…(泣) このエソすごいハ虫類チックで非常に気持ち悪かった

速攻でリリースし釣り再開

しかし反応がない

仕方がないので左のサーフまで遠征

そして岩礁地帯を果敢に攻めていたその時

再び明確なアタリ!!
f0177621_2215584.jpg

な、なぜに!!??(泣) ハードルアーではじめてベラ釣った

結局この日もノーフィッシュ いなんばくんもダツを仕留めただけに終わってしまったようだ

振り返ればヒラメ6尾を仕留めたものの、回遊魚・オフショア・フカセに関しては正直不発に終わってしまった今回の三宅島釣行

まだまだ行ってない釣り場ばかりなので今後時間をかけて開拓していきたい

次回は1月の3連休に釣行予定です

by skycaster | 2011-11-12 01:09 | 離島遠征