<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

11月30日 幸浦岸壁

今期まだカレイにお目にかかれてない私。

全国大会や、各大会などで忙しく、のっこみ期を逃してしまった私。なんとか今期の一発目を!

メンバー:KANさん マスター 私

場所選定に迷ったが、カレイ初挑戦のマスターもいるしということで、足場の良い幸浦岸壁に釣行。

私は、朝5時過ぎまで寝ていたが、KANさんが夜明け前にテトラ脇のベストポイント確保に成功。恐れていた風もそれほどなく、初カレイの期待が高まる。
f0177621_2365627.jpg
夜が明けるとともに、続々とカレイ狙いの人々がやってきて、気がつけば30本以上の竿の放列。
f0177621_2381637.jpg
最初の一匹は誰に来るのか…



誰に来るのか…



誰に…





f0177621_239342.jpg

全く釣れねぇ……

これだけの人がいるのに、誰一人カレイをゲットできず…

しょうがないのでKANさんが前日入りして得た釣果を並べて撮影。アナゴが結構な型だ!
f0177621_2311951.jpg
結局この日もカレイ様ゲットならず…

ボウズ街道から抜け出せないのぉ(泣)

by skycaster | 2008-11-30 23:12 | 釣行記

11月24日 キャスティング大会in神奈川工科大学グラウンド

今期最後の学釣連の公式大会です。

ルール:錘(18㌘)を5投投げてそのうちの3投の平均飛距離で競う。

錘を投げるだけという単純な競技ながら、なかなか奥が深いのがキャスティング大会。

昨年は初参加ながら4位入賞を果たし、雰囲気ものんびりしていてかなり楽しかった大会だ。

本年度の目標である立教勢全大会入賞の夢はついえたが、最後はびしっときめなければならない!

とはいうものの、立教からは昨年同様参加者は私一人。

入賞のプレッシャーがかかる。

昨年同様私はバイトの関係でお昼過ぎまでしか参加できないため、投げる順番は一番手。

とりあえずファールにならないように気をつけてフルキャスト!!

74メートル!!

うん、まぁこんなものかな。。。

1投目はみんな力んだり、風の影響もあってか、一巡目だけなら私がトップだったりしたw

続く2投目、1投目より力を入れてフルキャスト!!

プチッ





切れたーーーーーー!!゚(゚ノД`゚)゚。

錘自体はまっすぐ飛んだものの、糸が切れてしまっては記録にならない。

くっ、やはり結び目はビミニツイストにしておくべきだったか…www

他の参加者の方々は2順目は好調で中には80メートルをたたき出す人も!

昨年は5投全部フェアーに乗せた私だったが、ここでファールのプレッシャーというものの怖さを知る。

3投目は、糸が切れないように細心の注意を払いながら、かなり抑え気味にキャスト!

66メートル

うーん、66メートルじゃちょっと入賞はあやしいなぁ。。。

時間がきてしまったので、私は4・5投と連続で投げる。

4投目 69㍍

5投目 72㍍

ここでタイムアップのため、私は途中退出。

3投平均が70メートルちょいなので、4位か5位になれればいいな~と願う。

結果は…

なんと準優勝

電車の中で奏さんから報告を受けた時は3回くらい聞き返してしまったwww

なんでも80㍍を超すような飛距離を出した選手は、ファールに最後泣いてしまったらしい。
f0177621_2252476.jpg

銀メダルをいただいたみたいです。

昨年の自分自身の記録をみてみると、若干の記録の伸びがみられる。

回転投法を練習しよう練習しようと思いながらも、結局出来なかったのだが、とにかく入賞できてよかった。

来年こそは少しでも回転投法もどきをマスターできるように頑張りたい。

by skycaster | 2008-11-24 22:56 | 大会

11月23日 開成フォレストスプリング

久々に管釣りに行って参りました。

メンバー:立教勢 KANさん プロさん 鈴木さん KOTA 私
      成城勢 ヒロキ 魔人さん センターさん

これだけの大人数、しかも都心からかなり離れた開成ということで結構期待して行ったんですが、、、

全く釣れませんでした(;´Д`)

ひたすらひたすらルアーを投げても、自分のありったけのルアーをローテーションしても釣りあげることはできませんでした。。。

何回かかけたんだけどなー

ちなみに一番釣った魔人さんで2匹。

周りの人もどんなに釣ってる人も5匹くらいでした。

KANさんはフライでなぜかソウギョを釣り(謎)、KOTAも60㌢級のレインボーをかけるも、首を振られて一発でフックアウト。

みんなでのんびりやる管釣りは楽しかったけど、やっぱり釣れないのはキツイなー

かなりノッシュが多い今日この頃です…

by skycaster | 2008-11-24 22:24 | 釣行記

11月19日 奏さんシーバススポット(表)再び

ううっ、年間の所得制限のせいでここにきて極貧生活をおくるはめになってしまったワタクシ。

ということで、お金が全くかからないシーバス釣りに再び行って参りました。

時間:6時30分~8時30分。

結果…

全くアタリもなにもなし(´A`。)

イワシの姿も目視でき、鳥もいるのに…

先週はあんなに釣れてたのになー

by skycaster | 2008-11-19 22:36 | 釣行記

11月13日 今季初カレイ&補習シーバス in三春町岸壁

このところシーバスに傾倒している私。

遅ればせながら今期初カレイに行ってまいりました。

場所は極めて高いカレイゲット率を誇っている横須賀三春町岸壁。

当日、1時間以上下道を走り現地に到着して海を見ると…

とんでもなく波が高い━(-д-;)━ァ...

沖ではウサギが飛び放題。

車の中にいても波しぶきがフロントガラスを襲うような状況。

ここまで荒れてしまうと、カレイには大変厳しい状況なので一瞬磯子湾まで今来た道を引き返そうと思ったが、朝の通勤ラッシュに巻き込まれること必至なので、しかたなく三春町でやることに。

時間がたつにつれ、ほんの少しだが波がおさまってくるものの、ルアーマンを含め、誰一人魚を釣ることなく終了(もちろん私も)

今期初カレイはおあずけ。

夜は奏さんと一緒にシーバスポイントで補習。

が、ここでも潮がものすごくひいてしまっていて、魚はお留守。

とことんお魚に見放された一日でした。

by skycaster | 2008-11-16 23:52 | 釣行記

11月12日 奏さんのシーバススポット(表)

前日に奏さんと明日何処かへ行こうと話し合っていたのだが、風が強い予報のため断念。

それでも、ダメもとで一人奏さんのシーバススポットに行って参りました。

一週間ほど前奏さんのシーバススポットで80アップを含めての好釣があったらしい。

現地には通勤ラッシュに巻き込まれてしまい7時前に到着。

一番奥のポイントに先釣者2名がいるものの、平日とあってほかに釣り人は皆無。

このポイントは春のバチぬけシーズンに安定した釣果が得られることで有名だが、秋もイワシが入り込んだ時には、良型中心に好釣果が得られるらしい。

入口付近からルアーをうっていく。

なかなか反応がなく、奥のポイントに入っていた釣り人をはっきり確認できるような距離まで移動。

すると、奥の釣り人がシーバスをかける!

サイズは40㌢ほどだろうか。

私もおこぼれにあずかろうと、その人の近くまでいってルアーをキャスト。

すると1投目で

ゴゴン!!

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

沖目でかけたので、かなりいい引きをみせあがってきたのは、グットコンディションの綺麗なシーバス!
f0177621_1335172.jpg
56㌢!ネットインした瞬間フックが外れて危機一髪だった(汗

さらなる追釣を狙うも時間がたつにつれ、時合が去っていくのか反応はなし。

しょうがないので、きた道をルアーをうちながら戻っていく。

そろそろ終点という時…

すごいでかいのがキタ!!

一瞬根がかりかと思ったが、根が動いたと思った瞬間半端ない勢いでドラグが出ていく!

さっきの56㌢の引きの比ではなく、まるでイナダのような力強い引きをみせる!

ドラグを出されながらもなんとか手前まで寄せたところで豪快なエラ洗いでその姿があらわに!

でかい!!!

70㌢級だ!!!

必死にロッドを海中に突っ込み、次のエラ洗いを防ぐ。

すると今度は下へ下へとすごい突っ込み。

耐えながらも距離はだいぶ詰められたのでタモ網に手を伸ばし、するすると伸ばしたその時!

ハリ外れたーーーーーー━━━━━(((( ;゚Д゚)))━━━━━━

フギャーーーーーーーーーーーーーー

取っていれば間違えなく自己記録更新だったのに(泣)

この一発で運が尽きたのか、その後は50㌢級をかけるものの、数巻きしたところでバラシ。

9時過ぎに釣り場を後にした。
f0177621_13151174.jpg
今回活躍したルアーはソルティーベイト。

メタルジグの遠投性と、ソフトルアーのアクションを併せ持ち、非常に魅力的な泳ぎをする。

ただ、フックがシングルフックなのでバラシも多いような気がするが…(まぁ、私のやり取りが下手なんですけどね、すいません××様)

by skycaster | 2008-11-12 13:17 | 釣行記

11月9日 三度川崎新堤へ!!

なぜかよくわからないが川崎新堤にはまり気味の私。

本当なら今期初カレイに行く予定だったのだが、仕掛け等の準備をする時間がなく、それだったらとまた一人川崎新堤に行って参りました。

日曜日ということもあって、駐車場にはとんでもない車の数。

定刻7時出船の船が6時30分には満員になってしまい、定刻前臨時出船。

当然自分の乗った6時30分の便が第1便かと思いきや、堤防上にはもうすでに人が…

いまごろきてすみませんでした(。・人・`。))

船は1番から順にお客を降ろしていく。

私はいつも通り6番で降りる予定だったが、先釣者がいた時点で岸ジキは厳しいと判断し、人が一番少ない5番で降りる。

まずはもちろん一通り岸際を岸ジギチェック。

反応なし…

次に投げるルアーは湾ベイト15㌘イワシカラー。

なぜ湾ベイトかというと、前回川崎新堤で、周りが全く釣れてないなか、おっちゃんが湾ベイトで一人コンスタントにシーバスをあげていたからだ。

実は湾ベイトで一回も魚を釣ったことがない私。

1匹釣るまでは疑念との戦いである。

湾ベイトをキャストして1時間がたったころだろうか。

着底と同時にゴンッというアタリがあり、シーバスでもないアジでもないひきであがってきたのは…
f0177621_15204755.jpg
なんとカサゴ!

私はカサゴをルアーで釣ったことがなかったのでちょっと感動。

湾ベイトで魚を釣ったことに気をよくした私は、堤防内側もこまめにうつ。

すると、ゴゴンッというあたりでとうとうシーバスゲット!
f0177621_152404.jpg
41㌢! 湾ベイトの本フックとリアフックをがっちりくわえておりました!

さて、1匹釣ったはいいがこのころから、風が強くなり、体感温度はかなり辛い温度に…

あまりに寒いので、10時30分の船で帰ろうと思い、自分が最初荷物をおいた地点まで戻ることにした。

んで戻る途中は湾ベイトをテクトロさせて戻っていく。

テクトロをして数十㍍たったころだったであろうか。

ルアーが何か障害物に触れる感覚があったその次の瞬間、その障害物が動き出したのである!

ぎえー魚だー!!!

結構なサイズらしく、重量感があり、水面でエラ洗いをされたものの、かけたのが堤防内側だったこともあり、自分にしてはめずらしく落ち着いてネットイン成功!
f0177621_15311623.jpg
60㌢タモ枠をちょっとはみだす62㌢!!

去年の誕生日に釣った自己記録の65㌢には及ばないが、自己記録のとき以来の60㌢オーバーである!
f0177621_15334553.jpg
60㌢オーバーだったので誰かに写真をとってもらいたかったんだけど、いなかったから自分で撮りました。さすがに全体は無理だったわ(汗)

そいつを仕留めてからは全く音沙汰なし。

雨も降ってきたのでお昼の便で新堤を後にした。


今回活躍してくれた湾ベイト。(リアフックは自分で後付け)
f0177621_2132115.jpg

日中シーバスをゲットするにあたって、湾ベイトはかなり有効な手段ですね!!

by skycaster | 2008-11-09 15:38 | 釣行記

11月5日 川崎新堤再び!

回遊魚フィーバーにわく川崎新堤に再び行って参りました。

メンバー:私 中嶋くん 柏崎くん

朝乗船場に着くと人の数が先週の半分ほど。

これはイナダが去ってしまったのか、という不安を抱きつついつも通り6番で下船。

降り立ってみると、ナブラも皆無で逃げ惑うベイトも確認できず。

一応ジグを投げてみるもやはりイナダさんは不在の模様。

それではと岸ジギに転向し、50アップをばらした後なんとか1匹ゲット!
f0177621_14495817.jpg
47㌢でした!

岸ジギの時合は1時間ほどで終わってしまいその後はひたすらバイブレーション系を投げる。

ときおり発生するナブラを追いながらキャストを繰り返しゴゴン!ときたのはまたしても優に尺を超える大アジ!!
f0177621_1459440.jpg
家に帰って測定するとなんと38㌢でした!!!
お昼頃にはナブラも完全に起こらなくなってしまいお昼寝モード。

柏崎くんはプロさんの根魚鉄板ポイントで粘り終了までに20㌢オーバーのメジナを含めカサゴを10尾以上揃える!
f0177621_14593577.jpg
柏崎君の総釣果!写っているシーバスはおっちゃんがくれたもの。

夕方近くになると状況は多少良くなり、周りではぽつぽつシーバスがでていたが、我々は私が35㌢のサバをスピンテールで釣ったのみ。

なかなか爆釣にめぐり逢えない川崎新堤。

これは来週も補習かな?w

by skycaster | 2008-11-06 14:57 | 釣行記

10月31日~11月2日 第二次伊豆大島上陸作戦

9月の伊豆大島上陸作戦において、BX級の漢(KANさん)が見事ハマフエフキを仕留めることに成功!!
11月といえばもうハマフエフキシーズンは終盤になるものの、あの感動を再びとばかりに意気揚々と大島へと向かったのであった。

参戦メンバー:KANさん KOTA やすはるくん Suzukiさん プロさん 私

10月30日の深夜、竹芝桟橋より大島へ向かう。

前回のリアル席なしに比べれば、2等の雑魚寝など天国に思えるw

船上では「柿のたね」3個が行方不明になるという緊急事態が発生しつつも、無事大島に到着。
f0177621_2151983.jpg
プロ「Suzukiさん、柿の種は一体何処へ行ってしまったのかね?」



f0177621_0334791.jpg
KANさん「きっとお星様になっちゃったんだよ。。。」

10月31日
さて、朝6時、大島岡田港着。

宿へ向かうメンバーを尻目にルアーを投げる私。

正直イナダ・カンパチの連発を期待していたのだが全く魚っけなし(_ _|||)

その後は宿に帰り爆睡。。。

他のメンバーは元町港に繰り出していき、KOTAがアオリを、Suzukiさんがカワハギを釣った模様。

さて、いよいよここからが待ちに待った時間だ!!

狙うはもちろんハマフエフキ!!

パワーエアロがうなりをあげるぜ!!





ところが期待とは裏腹に平和な時間が過ぎる。。。。
f0177621_2112952.jpg
星なんか見えなくたっていいんだよ。。。




と、その時!







ガシャン!!!!

夜のしじまを切り裂き、KANさんのBXが三脚から吹き飛んだ!

猛ダッシュで駆け寄るメンバー

ふと見ると何かおかしい!

なぜか竿とリールが分離し、リールが堤防際の車止めのところに引っ掛かっているのだ!(汗

あわてて、リールをリールシートに戻そうとするKANさん。

が、しかし!!

リールシートが破壊されていてリールがはまらない!

なんと魚のアタリの力でなんとリールシートごとリールが竿からもぎ取られてしまったのだ!

なんとか素手でリールを持ち応戦するKANさんであったが、しばらくやりとりしたところで無念のフックアウト!

呆然とするメンバー

そして、そこに残ったのはもはやリールシートを破壊された物干しざおと化したサーフリーダーFV BXであった。。。

その後は、BXの仇とばかりに熱のこもった投入を繰り返すものの、外道のオンパレード、そして、プロさんがなにか大物をかけたものの、100メートルくらい横に走られた末またしても無念のフックアウト(泣

なにかすごいモンスターがいるぜ!

新加入のSuzukiさんも深夜3時過ぎまで頑張って粘ってくれたものの、この日は、ハマフエフキを仕留めることが出来なかった。

11月1日

私は日曜日に用事があるため、この日の午後船で帰還。

残りのメンバーはやすはるくんを中心に結構いい魚を釣った模様。
f0177621_1363043.jpg

やすはるくんが釣った40㌢のブダイ!!
f0177621_2122892.jpg
プロさんが珍しくルアーをやり釣ったカンパチ
f0177621_212093.jpg
ネコザメを触れるってすごいなぁwww

KANさんVS プロさん 裏拳三本勝負
f0177621_2124412.jpg
すきアリ!!  KAN〇 プロ●
f0177621_213861.jpg
貴様の実力はそんなもんか! ここで加速!! KAN〇 プロ●
f0177621_2133535.jpg
KAN 「これで終わりだ!」
プロ 「いつまでも裏拳が通用すると思うなよ!!」
f0177621_214052.jpg
KAN「オレの裏拳がかわされた………」

まとめ(何を?)
今回は私の滞在時間が少なかった&魚をろくに釣ってないためネタ写真が中心です。
決して燃やさないで下さいw
今回の合宿はすごいのんびりできて楽しかったなぁ。
敗れたハマフエフキには来年必ずリベンジや!!

by skycaster | 2008-11-06 01:57 | 釣行記