<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月28日 NSCF主催秋期投げ釣り大会in大磯海岸

怒涛の大会2連投!!

本日はNSCF主催秋期投げ釣り大会です。

メンバー:私 KANさん チョリソーくん

先月あたりにNSCFさんの方からこの大会への参加お誘いがあり、二つ返事で参加させていただくことにしました。

なんでもこの大会は湘南をホームとする各投げ釣りクラブが一堂に集う大会とのこと。

大会当日も雑誌でよく目にする人たちをかなり見かけ、私が数える限りスペシャルが25本、トーナメントキャスターも同程度ありました!

事前情報によるとこの時期は3色以内のピンギス中心になるとのこと。

開始と同時に私とKANさんチョリソーくんは大磯ロングビーチのやや東側に陣を構える。

1投目から私がピンギスを3連でかけ、幸先のいいスタート!

KANさんやチョリソーくんもピンギス中心ながら波うち際を探り数を伸ばしていく!

時間が経つにつれ波打ち際でのアタリは遠くなり、3色~4色の遠投勝負に。

ただ、釣れるサイズがピンなのでアタリすら分からずなかなか苦戦する。

周りは5色超の大遠投をするキャスターがぽつぽつながら20㌢クラスをあげていた!

終了のギリギリまで我々3人は20匹超は達成した模様。

さて検量・・・

そこには衝撃の光景が・・・

どこの地引網でとってきたんですかというようなシロギス一杯をビニールに入れて集まってくる参加者達(笑

まさにレベルが違う!!

検量の結果

私が24匹で280㌘

KANさんも24匹で290㌘

チョリソーくんが28匹で320㌘

そして優勝の方は・・・














まさかの2300㌘!!!

もう意味が分からないっす\(^ω^\)( /^ω^)/

たかだか15㌘のシロギスを一体何匹釣れば2300㌘なんかになるのでしょうか・・・

私とKANさんとチョリソーくんの釣果を全部合わせたって半分にしか届かないという半端なさ!

あまりのすごさに3人で笑ってました。

10位までが入賞なのですがだいたい1㌔ちょっと超が入賞ラインでした。

入賞するには単純にあと3倍以上は釣らなくてはならない・・・

湘南キャスターの実力をまざまざと見せ付けられた結果となりました。

ちなみにチョリソーくんは婦人・少年の部で2位になりました!おめでとう!!

トップキャスターの道は果てしなく遠いですが自分もなんとか1㌔をあげられるような釣り人になりたいと思った一日でした。
f0177621_21264693.jpg

by skycaster | 2008-09-29 21:26 | 大会

9月27日 ヘラ大会in府中ヘラセンター

さて、久しぶりの大会です。

一昨日のプラでそこそこいい流れにのれていたのでまぁなんとかなるかなと楽観的になっていました。

朝7時30分競技開始!

開始直後開始からおにかさごさんが怒涛のラッシュ!

私はというと・・・ 

1投目スカ・・・・

2投目スカ・・・・

3投目スカ・・・・
         ・
         ・
         ・
15投目スカ・・・・

ぜんぜんプラの時と違うんですけど!!(泣き

周りが好調に釣る中私はというと開始1時間でまさかの1匹。

泣きそうである・゜・(/Д`)・゜・

それでも、昨年度から学釣連の大会全てにフル出場していて学んだことは、

あきらめたらそこで終わり

だということ。

しかし、まわりとの差は圧倒的で縮まる気がしない。

しかし、お昼近くになってエサの配合を買えたところ私にもぽつぽつとかかるようになり一筋の光明が・・・

それでも朝一の大ブレーキを取り返すにはかなりの負担。

終了13時30分まで出来る限りの集中力で釣り続けた結果・・・

合計枚数29枚。総重量11㌔250㌘

5位入賞!!!やったーヾ(;´Д`●)ノ

あきらめないでよかったー!!

ちなみに4位は奏さんで6位はくらら。

4位~7位はまさしく1匹の差ともいうべき大接戦!!

私とくららにいたっては11㌔250㌘の全くの同重量であった。

そして優勝はやはりおにかさごさん!

総重量19㌔オーバーは圧巻の一言でした!!

ヘラ大会は精神的に非常に疲れるけどあの繊細さは大変奥深い。

来年も開催されるのであれば是非もうちょっと上位を狙っていきたいです!!
f0177621_20514338.jpg

by skycaster | 2008-09-29 20:38 | 大会

9月25日 ヘラ大会プラin府中ヘラセンター

27日のヘラ大会に備えプラに行ってきました。

メンバー: 私 おにかさごさん くらら

大会直前なので詳細は書けませんが昨年度よりははるかにいい釣果をあげることが出来ました!!

大会当日も集中して頑張りたいと思います!

でもやっぱおにかさごさんは強いなーwww
f0177621_214116100.jpg

by skycaster | 2008-09-25 21:41 | 釣行記

9月24日 回遊魚下見釣行 in 横須賀

メンバー: 私 奏さん

昨年度回遊魚祭りが開催されていた横須賀某港に下見に行って参りました。

夜明け前から現地入りするもまだ群れが入ってきていない模様。

シーバスのボイルもさかんにあるもののどれも20㌢前後の小型でルアーにはほとんどかからない。

やっぱり10月の終わりぐらいからが勝負ですねー

PS. 伊豆合宿戻ってきたあたりから首と腰が地味に痛い。
たぶん中途半端な姿勢でジグをひたすら投げ続けていたからではないだろうか・・・

スポーツ障害ならぬフィッシング障害や~(泣

by skycaster | 2008-09-24 21:10 | 釣行記

第2次伊豆合宿 9月18日~21日

台風がガンガン迫ってくる中第2次伊豆合宿へ行ってきました。

参加メンバー: 立教勢 私 康太
          中央勢 satoさん
        成城勢 奏さん ひろき タカマくん(成城勢は途中から合流)   

9月18日 

朝の部
前日のライトルアーの疲れから起きられずに終了(←私だけ)
康太が福浦堤防でイナダを釣ってきた!!

夜の部
雨で増水する稲生沢川でスズキを狙うも玉砕。
犬走り堤防で康太が粘り根性でアオリを出す!
f0177621_2252692.jpg

やったぜ!

9月19日

朝の部朝5時に出発し福浦堤防へ。
堤防内側に沖合いを思わせる大船団が!!
f0177621_2294417.jpg

写真には写ってないが7~8艘ほどの船団が出来ていた!

回遊魚祭りや~と勇んでキャストを繰り返すものの私の位置は少し不利で結局カンパチ一匹に終わる。
f0177621_22183521.jpg

回りでは60cmを優に超えるワラサや45㌢オーバーのカンパチも上がっていた。

うーん、釣りたかったΣ(・ω・ノ)ノ

釣ったカンパチがお刺身に。
f0177621_22185992.jpg

う、旨かった(。・・。)

夜の部
台風がもうホント間近に迫っていたのだが福浦に突撃!
康太が執念でアオリを上げ先端でカマス祭りが開催されわずか20分でこの釣果!!
f0177621_22232543.jpg

まさに一撃離脱釣行www

9月20日

朝の部
ホントに運がいいことに寝ている間に台風が通過してくれた!!

この日から下田にやってきた成城勢と福浦堤防で合流しいざ回遊魚を狙う!!

台風の泥濁りが非常に回遊魚に悪影響を与えるのではないかと思われたがsatoさんがイナダを釣ったのを皮切りに断続的に誰かしらの竿が曲がり回遊魚祭りに発展!!

全員安打の最高の結果に!
f0177621_22325289.jpg

イナダ×9 カンパチ×4 カマス×2

ただ私は大型のカンパチと思われる魚にラインごとブチ切られちゃったんだよなー(泣

カンパチだけお刺身に。三重に重ねられるほどの量です(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ
f0177621_2250249.jpg


夜の部
南伊豆の某港に珍しくみんなで真剣にイカ狙い。

明るい時間帯は誰にもヒットはなかったが暗くなってからは奏さんの独壇場!
小型ながら独自のテクニックで一人で10杯以上をあげる!

が、この日の主役は康太だった!

沖に遠投し、根気よくしゃくっていたエギにずしんとのったのは秋イカには珍しい1㌔オーバー!!
f0177621_2237056.jpg

すげー!!!
全員のイカを合わせるとすごいことに!これぞまさにイカ祭り!!
f0177621_22511489.jpg

帰ってからはカンパチ&アオリの刺身祭り!!釣り人の特権や~

9月21日

アオリ祭りの疲れから誰一人起きられず終了(笑

まとめ
台風の直撃をうけ一日中監禁される可能性を恐れず敢行した今回の第二次伊豆合宿。
釣果的には回遊魚&アオリがかつてないほど釣れ非常に充実した合宿だったのではないだろうか。
とりわけ奏さんと康太のエギでの釣果がすごかった!
是非全国でも高順位を狙えるよう頑張ってください!
9月20日の一日は伊豆合宿史上最高の一日といっても過言ではないだろう!!
一緒にいったみなさんお疲れ様でした!!
こんなことは滅多にないと思いますがやはり秋の伊豆はアツイですね!!
是非また祭りに参加しましょうね!!


                                

by skycaster | 2008-09-22 22:52 | 釣行記

9月17日 ライトルアー釣行

伊豆合宿出発直前ですがライトルアー行ってきました。

メンバー: KANさん 鈴木さん 私

あれほど船に乗るのを嫌がっていたKANさんがライトルアー初釣行!

南の方では台風が発生しておりうねりが懸念されたが沖に出てみると非常に穏やかで揺れも少ない。

そしてアタリも非常に少ない(泣

私は今期ライトルアーに10回近く行っているが一番厳しい釣果となってしまった( _ _ ).......

結局私とKANさんが4本ずつ釣ったのみで鈴木さんが残念ながらノーヒットで終わってしまった。

まぁ自然相手なのでこんな日もありますよね。

状況が良くなってきたらまた行きましょう!!
f0177621_21542678.jpg

by skycaster | 2008-09-22 21:54 | 釣行記

伊豆大島上陸作戦 8月3日~8月6日

待ちに待った伊豆大島上陸作戦に参加してきました。

伊豆大島上陸作戦隊員: 立教勢 KANさん プロさん 松澤くん 私
                 成城勢 奏さん ヒロキ(大島にて合流)
                 中央勢 satoさん

8月3日
夜22時ごろに東京竹芝桟橋に集合した隊員は一路23時発の船で大島へ向かう。

チケットは全員席なし券。キャンセルが出て座席に座れるだろうという予想は崩れ本当の席なしになってしまったw
f0177621_14332397.jpg

We are blue seats. www

8月4日
朝5時20分。定刻どおりに大島に到着し上陸作戦は無事に終了。レンタカーの手配を済ませ泉津港→元町港で回遊魚を狙うも音沙汰なし。少し休んでウキフカセとかでメジナを狙うが、木っ端サイズに苦戦しキープはイサキを数尾程度。特にこれといった魚も釣れず夜になってしまった。

が、本当の勝負はここからなのだ!!

そう、今回の伊豆大島上陸作戦の第一目標は夢の大物ハマフエフキを釣ること。

特にKANさんは相当の気合いが入っており、サーフリーダーのBX425に加えパワーエアロを買い足し、さらに尻手ロープも揃えたほどw

私もパワーエアロをもともと2台持っていたので初めてドラグの真価を問う釣りが出来ることに非常に楽しみにしていた。

さて、4日の21時頃から岡田港のやや先端よりで投げ釣り開始!!餌はKANさんが出発直前に大人買いしたイカの短冊だ。

始めてまもなくは私もKANさんも外道のラッシュ!!
f0177621_23235483.jpg

定番のネコザメに
f0177621_23244282.jpg

レアモノのサカタザメ(たぶん・・・)

その他にもアカエイやウミヘビ系など針を外すのに苦労するやつも数多くかかり辟易する。

やがて時刻は23時を回り外道もかからなくなったので24時になったら帰るかということで諦めムードになっていた。

そして24時になる5分前ほどだったであろうかKANさんの竿に







ヤツはキタ!!!






よく雑誌ではハマフエフキのアタリで竿が吹っ飛び三脚がなぎ倒されるという文を目にするが、まさしくそれと同じことが起こったのだ!

その時KANさんが誰かと電話しており私が竿の近くにいたのだが、すさまじいドラグ音と共に竿がまるでミサイルのように吹っ飛び三脚がなぎ倒される!

必死に竿を押さえ大声でKANさんを呼ぶ!

すぐにKANさんVS謎の大物の対決が始まった。

KANといえば鬼アワセ&鬼巻きで知られるが全く相手は弱ることなく激しい抵抗をみせる!
f0177621_23361099.jpg

腰を落として必死に大物の引きに耐えるKANさん。

時間にして5分ほどであろうか。超大物に対してもゴリ巻きで果敢に攻めるKANさん。

ついにヤツが足元までよってきた。

水面で激しく暴れ、すさまじい水しぶきがあがる!!

ライトを照らし魚体を確認!

ハ、ハマフエフキだーーー!!!!
魚体のでかさにタモ入れにてこずったもののついにネットイン!

もう全員大興奮!!
f0177621_2343458.jpg


堤防中に響き渡るほどの絶叫&ハイタッチw

さらにハマフエフキを釣ったKANさんとなぜか握手してまわるw

早速メジャーではかると・・・
f0177621_23495395.jpg

61㌢!!!


すげえ!初挑戦でフエフキ60cmオーバー釣っちゃったよw

しかし、これは次なる大物の序章に過ぎなかったのだ・・・

深夜2時頃、またもやKANさんのBXが吹っ飛ばされ三脚がなぎ倒されるw

必殺鬼アワセを入れるも何故か手ごたえがない。

まるで道糸が切れたような手ごたえのなさだ。

仕方なくリールを巻き仕掛けを回収するKANさん。

が、しばらく巻いたときいきなりBXが90度近くまで絞り込まれた!!

そう、魚が沖へ走ったのではなく、こちらへむかって突っ込んだため異様にテンションがなかったのだ!

この魚は1匹目のフエフキとはみているこちらが分かるほど引きが強い!!

それでもなんとか残り10メートルくらいまで寄せてきたその時!

急に魚が水面でシーバスのように首を振りそれと同時にすさまじい水しぶきがおこるとともに無念の針外れ(泣

惜しい!惜しすぎる!!!

はたから見ていてもとんでもないモンスター級フエフキだったことは間違いない!

しばらく堤防上で呆然とする私とKANさんと奏さん・・・

が、BX級の漢(KANさん)は三度ミラクルを起こす!

時刻は深夜3時、誰一人他に釣り人が居ない時刻。

またしてもKANさんのBXが吹っ飛んだw

もうここまでくると「竿が吹っ飛び三脚が倒れる」=ハマフエフキのアタリという方程式が成立w

KANさんの鬼アワセと共にKANさんVSハマフエフキの対決が三度実現した。

ひたすら焦らず落ち着いてやり取りすることを心がけるKANさんだったが先の2度の対決で体力はやや消失気味。

が、そこはBX級の漢、力VS力の真っ向勝負で対抗する。
f0177621_051934.jpg

見よこの筋肉!! きれてますwww

水面での激しい抵抗をかわし空気を十分に吸わした上でランディング。

堤防上にずり上げた獲物は・・・
f0177621_071650.jpg

さっきよりでかいんですけど!!www
そして計測・・・
f0177621_0103657.jpg

73㌢!!!


漢や!これぞBX級の漢や!!!www
f0177621_012963.jpg

なんとハマフエフキを一晩で2尾!!おそらく伝説的な釣果となるであろう現場に立ち会えたことに感激!

翌日の夜も狙ったのだが私がまたまたモンスター級フエフキと思われる大物に道糸ごとぶちきられ終了(泣

BX級の漢への道のりは遠いのぉ・・・

今回はまさにKANさんのBX性を確固たるものにした釣行だったようだw

今回の夜投げはもみんな魅力を感じたらしく私を含めオレもBX買おうかなーという声があちこちで聞かれたw

秋にもう一回大島に上陸する機会があると思うのでその時は今度こそハマフエフキを仕留めたい!!

一緒に行った皆様お疲れ様でした!!

次回はみんなでBX級の漢になりましょう!www

by skycaster | 2008-09-07 00:14 | 釣行記