カテゴリ:離島遠征( 28 )

4月28日~5月10日 第1次 小笠原遠征!!(Part1)

time:4月28日~5月10日

member:ヒロキ たかま いなんば プロさん(5日帰国) 私

夢の小笠原釣行!!

このブログを書き始めて3年近く 私は行った全ての釣りをこのブログに記してきた

ただ一つを除いては…

そう、それは卒業間近の去年の3月に行った小笠原釣行

はじめて行った小笠原はそれまでの人生観を変えてしまうような素晴らしすぎる場所だった

それゆえ、帰ってきてからもう行けないのかと思うと(そのときは勝手に思い込んでいた)悲しくて悲しくてとてもそれをブログで振り返ることなどできなかった

が!!しかし!!!

一年という期間を経て小笠原行きが実現!!

我々自由人に不可能はないのである!!

メンバーはヒロキ(私と同じ荒波所属 3月に3航海行った) プロ(同じく3月に3航海) いなんば(3月に2航海・さらに2月には沖縄遠征にも参加) たかま(2年前の小笠原開拓釣行に参加)なんと全員が小笠原経験者 小笠原に一度でもいった人は十分分かると思うが本当にこの世の楽園のような島なのである!

今回は船からのジギングもやるということで、皆装備は結構ガチ 私はソルティガに加え、いずみんからツインパの12000PG及びマングローブスタジオのキャスティングロッドをお借りした

沖縄では完全に不発におわったNEWソルティガだが果たして真価を発揮できるのか!?

28日

定刻どおり朝10時に東京を出発
f0177621_1415958.jpg

25時間30分の船旅のはじまりである

今航海はGWということもあり寝床は隣の人との感覚がピンギス級(笑)
f0177621_1445952.jpg

これは結構きつい…

さて、25時間ひたすらひまなので雑誌を買い込む
f0177621_1454564.jpg

f0177621_147174.jpg

みんなでタイプ別をやってみる
f0177621_1472852.jpg

いなんばくんは袋とじを器具を使わず指のみで驚異的に綺麗にあけることができる能力を持つことが判明w

そんなことをしてたら揺れがきつくなってきたのでみんなでアネロンを飲んで寝る

19時起床 やばい!寝れないパターンだと思ったが意外にも10時の消灯後はすんなりと眠りに落ち翌朝8時起床

去年はひたすら長い船旅だった感覚があったが今年は結構あっという間であった

29日

父島二見港への入港時刻がだんだん近づいてくる

午前11時過ぎ、定刻どおり父島二見港着!!
f0177621_1523263.jpg

港では大勢の人がお出迎え

去年下手したら40年は行けないと思った小笠原にまた来れたことに感動し少しうるっとした(o´・ω・`o)ノ

お宿は昨年と同様シルバームーン ここはははじま丸がつく岸壁から一瞬だし、なによりも宿の方がとても良い方なので大変過ごしやすいのだ
f0177621_1561387.jpg

宿で荷物を置き原チャを借りすぐに二見港奥へライトゲームに
f0177621_1572673.jpg

私の荷物宅急便で小笠原に送ったため、まだこの時点で届いてなかったのでいなんばくんから14㌘のメタルジグを借りてやってみる

するとスロープの岸際30㌢くらいのところにメータークラスのヤガラを発見!!

いなんばくんがちょっかいをだしてみると…
f0177621_1594926.jpg

速攻で釣れた!!(笑)

小笠原初フィッシュだ!!

私もしばらくスロープでやっていたのだが、釣れないので左の河口まで移動

メタルジグを軽くキャストしアクションを加えてひいてくると

ガツ!ガツ!という激しいあたりのあとに何かがヒット!!

シーバスロッドが満月に曲がる!!

当然網などもってなかったので慎重にやりとりし浮いてきたのは良型のメッキ!!

プロやいなんばくんは離れたとこにいたので一人でリーダーを持ってずりあげる!
f0177621_223884.jpg

いきなりの40㌢オーバーのメッキ!! さすが小笠原!

同じポイントでプロといなんばくんと私の3人でやってみる

するとプロと私にダブルヒット!
f0177621_234511.jpg

ジグが大きいからだろうか全然サイズが違ったw

メッキは刺身にして食べたかったが、GTになってまたかかってくれることを祈ってリリース

昼過ぎに昼食のため宿に戻る

昼食後やどでだらだらしていると仰天丸のとじさんがやってきて今から磯渡しを迎えにいくのでその間ちょっとだがアオリをやらせてもらえることになった!

さっそく準備して乗船
f0177621_283832.jpg

到着したその日から船に乗せてもらえるなんて感動!

港からでて10分アオリポイントに到着

みんなで一斉にエギを投げる

まだ夕マズメには早い時間帯だがここは小笠原

イカはいれば釣れるのである!

最初のポイントは反応がなく次のポイント ときおりダツらしき魚がエギに襲いかかってきてラインをすっぱりやられる…

結構しゃくったが釣れず、小笠原とえどアオリはそんなに甘くないのかもしれないといった雰囲気が漂いはじめたそのとき!

沖に投げて2しゃくりくらいしたときに私の竿にずしん!ときた!!
f0177621_2123582.jpg

今回初アオリ!!もちろん大切にキープ

その後アオリはダメだったがなぜかレンジバイブを投げていたプロさんにこんなのがヒット!
f0177621_2142363.jpg

チギという魚 おいしいらしい バスロッドでやっていたのですごいやりりが楽しそうだった

港に帰着後夕食 夕食はもちろん…
f0177621_216358.jpg

キムチ鍋(笑)

今回もスーパーで豚肉徳用(1㌔)にリアクションバイトしてしまい、かなりの量に…

が、以前の八丈ほどのダメージはなかったので夜はそれぞれ釣りに行く

私といなんばくんは青灯へ

小笠原はこのところアオリが好調らしく2~3キロアップを含めかなりの数があがっているらしい

好調を裏付けるように青灯には人がいっぱい

いっぱいといっても関東のメジャーポイントのように釣りをする気も失せるよな混み具合では全然ないのがすごく救い

私はアオリ・いなんばくんはキントキ・メアジ狙いのソフトルアー

しばらくキャストを繰り返したが気配がないので母島丸のつく岸壁(通称母ケツ)にいるたかま&ひろきの様子をみに行くことに

母ケツに着くとなにやらテンションの高い二人
f0177621_221587.jpg

な、なんと!!!

まずはたかまが一匹かけやりとりしていたら同サイズが追ってきて、そこにひろきがすかさずエギを投げたらいとも簡単にヒットしたらしい!

2㌔あるのだろうか… うらやますぃ!!!

それにしても夕食後さくっとこんなイカが釣れてしまうとはさすが小笠原!!

到着1日目にしてかなりの満足感を得た我々であったが、これはほんの序章に過ぎなかったのだ…

1日

この日は朝から再び仰天丸に乗船

なぜか沖磯にこだわるプロさんを磯まで送る
f0177621_22452278.jpg

プロさんを降ろした後早速島周りでジギング開始!
f0177621_22471025.jpg

いよいよNEWソルティガの真価を発揮する時がきた!

まずは水深70メートルくらいからスタート

沖縄のように200メートルラインではないので非常にやりやすい

潮はいいかんじで流れ、今にもズドンときそうだなーと思っていると

いなんばくんに大物がヒット!!

かかったのはどうやらメータークラスのサワラ!

アセレーションをのドラグが派手にうなり、暴力的ともいえる強烈なひきをみせる!

やりとりにして10分程度 ようやく浮いてきたサワラを船長が見事なギャフうちで仕留める!
f0177621_22512661.jpg

稲葉無双健在なり!w

ほどなくしてたかまにもサワラがヒット!!

たかまは前日にPOCOで非常に悩んだ挙句ギンバルを購入

早速役に立った模様
f0177621_2253089.jpg

ナイスサイズ!!

しばらくするとサワラの反応もなくなってしまったので場所移動

カンパチを狙いに行く

そしてカンパチポイントでの第1投

私とヒロキにダブルヒット!!

私のは結構でかかったみたいだが、合わせをいれ、竿をギンバルに装着した瞬間まさかのラインブレイク(泣)

根にふれたのだろうか、すっぱり切れてしまった…

ひろきは無事に水揚げ
f0177621_22552557.jpg

3月の小笠原を経験したひろきは小さい小さいといっていたが私からみれば十分ナイスサイズ うらやますぃ…

一発目から反応があり期待が高まったジギングだがその後は音沙汰なし…

そこで西島周りでエギングをやることに
f0177621_22573014.jpg

船でしかいけないポイントなので否応なしにも期待が高まる

そして、一流し目のポイントからいきなりイカ乗り乗り↑↑
f0177621_22584599.jpg

f0177621_2259910.jpg

透明度が半端ないので近場ならエギに寄ってきてからヒットまでの一部始終を全てみることができる
f0177621_2301550.jpg

とんでもなく綺麗な景色と海でのエギングは最高に贅沢な気分(-ω- )
f0177621_2315919.jpg

それにしてもイカの魚影が半端ない!!
f0177621_2324468.jpg

f0177621_233584.jpg

関東では十分良型といえるサイズがぽんぽん釣れるというまさに天国状態

もうみんな何杯釣ったかわからない 船のイケスの中はアオリパラダイス

数は十分に釣ったのでそろそろドでかいのを一発と誰もが思い始めていた時

私になかなかの型がヒット!!
f0177621_2362553.jpg

自分の中でのレコード かけた瞬間ドラグが10秒くらいなり止まなかった 2㌔ちょいといったところだろうか

このイカ以降なぜか小型はさっぱり釣れなくなり、出れば大物の雰囲気

そして…
f0177621_239444.jpg

たかま3㌔クラスを見事仕留める!!!

あまりにも引きが強いので魚だと思ったらしい

それにしても小笠原のイカ影は半端ない!

夕方港に戻って記念撮影
f0177621_23122934.jpg

まさに衝撃!!!

全部で24杯 船長によると潮回りのいい日にはこれの3倍釣れるらしい…

もう、関東でエギングができなくなってしまいそうだ…(・ω・`|||)!!
f0177621_23151027.jpg

イカはとてもじゃないので食べきれないので宿のおばちゃんにあげて残りは冷凍に


この日は一日船にのってもうくたくた 

ただ超充実した疲労感である 明日は海賊に乗ってケータでジギング!!

大物との出会いを夢見て早めの就寝zzz

2日

夢のケータ遠征

ケータ諸島とはおがさわら丸で父島へ近づく100km手前に見える無人島群

北から聟(ケータ)島、仲人島、嫁島で構成されいわずとしれた超大物が潜む海域である

そんなレベルが高い所にオフショアジギングでカンパチも釣ったことがない私が挑んでいいものか悩んだが、せっかく小笠原まで来たんだからやりきるのみ!

朝5時、前日一日中釣りまくった疲労感が残っていたが、無事起床し海賊の船で父島を出発

ここから2時間強の船旅である

ちなみに今回は餌釣りの人や、他のジギンガーとの乗り合い

途中海況が悪くケータまで辿りつけるか微妙な状況だったがなんとかケータ着
f0177621_2246016.jpg

f0177621_22463247.jpg

霧靄がかかり、自然の荒波によって構成された奇岩・奇石の地形が連なる

なんだか不気味な雰囲気だがとんでもない怪物が潜んでいそうだ!

船長から開始の合図

私は若干準備に手間取っていたので投入に間に合わずヒロキ・たかま・いなんばが同時に投入

すると、まずヒロキにガツン!とあったもののフッキングせず

そしてたかまにもヒット!!

が、一瞬にしてぶち切られる(汗)

な、なにがいるんだ!!??

そしていなんばにも底付近でなにかがヒット!!

アセレーションからとんでもないスピードで糸が出ていく!!!
f0177621_22503870.jpg

なんといきなりラインが150メートルくらい引きだされる

船の進みとも相まってアセレーションの糸が尽きかける

あと50・あと30…

いなんばくんの悲痛な声が響き渡る中ようやく海賊のおっちゃんが魚の走る方向に船を進めてくれてなんとか態勢を立て直す!
f0177621_22535599.jpg

が、ラインの先にいるのはとんでもないモンスター

一向に浮いてこない…

5分ほど応戦していたが結局根に張り付かれラインブレイク…

3人がなすすべなくやられ、霧靄の雰囲気も相まって超ビビる私(;-ω-)

やはりケータは100年早かったのか…

その後は反応がなくなったので次のポイントへ

するとなんとか太刀打ちできるサイズがヒット!
f0177621_22573877.jpg

ソルティガ初フィッシュはアカバさん
f0177621_22582249.jpg

そして待望のジギング初カンパチ!!

オフショア、しかも小笠原のカンパチとしてはかなり小型の部類に入るのだろうがそれでも引きは強烈

20㌔なんかがかかった日にはどうなってしまうのだろう(*´・ω・。)
f0177621_2313434.jpg

そして次のポイントへ

ケータというとばかすか釣れるイメージがあったのだが意外とそうではなかった

だが、先ほどのモンスターのようにとんでもないド級サイズの魚が潜んでることは確実なので決して気が抜けないのだ

3ポイント目は不発で船長から回収の合図があり、水深70メートルラインから急いでジグを回収

すると中層付近でいきなり私の竿にズドンときた!!

アワセはうまく決まった感触があったが、いきなり30~40メートル疾走

ソルティガのドラグがうなりをあげる!

海底に逃げ込まれ根ズレでやられては困るので懸命にリフトアップをはかる!
f0177621_2374126.jpg

か、かなりの重量感だ┗(・ω・;)┛
f0177621_2385276.jpg

腰を落としてなんとか耐える
f0177621_2393067.jpg

ようやく浮いてきた魚を船長が見事一発ランディング!!
f0177621_23103666.jpg

まさかのシマアジ様80㌢!!!!

普通の寿司屋(私がよく行く廻るお寿司屋には決しておいてない)で食べたらとんでもなく高いシマアジ様が釣れるなんて!!!

シマアジは口が弱いことで有名が、太軸のアシストフックが下顎にがっちりとかかていた!!

いやー、はるばるケータまで来た甲斐があった(。>ω<。)ノ

この一尾でかなり放心状態に陥った私であったがその後もぽつぽつとお手頃サイズがヒット
f0177621_23152735.jpg

f0177621_23154910.jpg

この間ひろき・たかまは不発であったが再びいなんばくんに大物がヒット!!

今度の大物は走るかんじはなくひたすら重そうだ…

やりとりすること数分
f0177621_23181231.jpg

なんだかとんでもない大きさ(太さ)の魚がぼっこりと浮上!!
f0177621_23185692.jpg

ツチホゼリ15㌔クラス!!

海賊のおっちゃんによるとこのクラスのツチホゼリはとても珍しく非常に美味な魚らしい
f0177621_23201521.jpg

それにしてもすごい重量感 あまりの重さに2回と魚を持っての撮影ができなかった

いなんばくんはやはり小笠原では最強だ(。・ω・。)ノ

その後色々なポイントを周りトップでも狙ってみたが不発

同船のジギンガーの人が怪物クラスの魚(おそらくカンパチ)をかけるもラインブレイク

が、その後メータークラスのシマアジを仕留めていた!
f0177621_23234528.jpg

帰りは3時間ほどかかるというので昼過ぎには釣りを切り上げ

父島港へむけて帰路につく

ところが帰りは荒れに荒れてジェットコースター状態

無重力落下が絶え間なく襲いかかってくる

リアル荒波に耐えること3時間あまり、二見港へ入港したときには心底ホッとした

そんなこんなでこの日は完全にグロッキー

シマアジ様は宿のひとが3枚におろしてくれたので腹身のトロの部分だけ刺身にする
f0177621_23271290.jpg

なんということでしょうヽ(ヽ>ω<)

味はもちろん超絶旨い!!

内地で食べたらいったいいくら取られるのだろう(汗)

他の身の部分は置いたほうがおいしいので明日以降のお楽しみ

小笠原着以降3日間船に乗り続けたため疲労は限界

幸せな疲労感につつまれ3日目を終えた

3日

前日のケータ遠征で疲労はピーク

そのためこの日はつかの間の休息

メッキゲームがてら小湊等を散策
f0177621_22484918.jpg

GWの喧騒はどこへやら
f0177621_22502613.jpg

まさに楽園!

あいにくメッキはお留守のようだったがほぼ誰もいない砂浜で日光浴を楽しんだり最高の休日を堪能w

と、幸せな気分に浸っているといなんば君に緊急事態が

体がだるく関節の節々が痛むらしい

まさか昨日の魚があたったのか!?(汗)

とりあえず宿に戻り安静にしてもらう

後に判明したことだがどうやら日射病に陥ったらしい

自分も気をつけなくては…

4日

4日はとうとうプロさんが本土に帰る日

というわけで午前のみ仰天丸にて出船!

朝一、ジギングではなく島周りをトップで狙う
f0177621_22585078.jpg

ヒロキはポッパー 私はシンペンでキャスト開始!

するとヒロキのポッパーに早速反応するもフッキングせず

そして私の竿にも着水と同時にバイト! が、フッキングせず(泣)

次投目、今度はしっかりとフッキング!!

ヒットした魚は激しい引きを見せ下へ下へと突っ込む!!

ドラグを派手に出されながらもようやく浮いてきた魚は…
f0177621_2314135.jpg

初マグロ(キハダ)ゲット!!

沖縄のときより一回り大きいサイズだ!

そしてポッパーを投げていたヒロキにもついにヒット!!
f0177621_2324540.jpg

こちらも激しい引きこみをみせあがってきたのは…
f0177621_2332557.jpg

f0177621_2334355.jpg

私のよりさらに一回り大きいキハダ!!

2人とも夢のマグロを仕留められたことに大満足(*´>ω<`*)

やがてマグロの反応がなくなったので再び島周りでエギング

が、さっぱり来ない…

一昨日の乱獲でアオリが絶滅してしまったのだろうか(汗)

それでも一発大物ポイントで粘っているとようやく私にキロアップがヒット!
f0177621_237271.jpg

だがこの一杯で打ち止め

プロが帰る時間に間に合うように帰港する

GWということもありかなりの人々が帰路に着く
f0177621_2385550.jpg

皆必ずまた小笠原に来ると心に誓っていることだろう

ホントなら海賊の船で小笠原恒例のお見送りをする予定だったのだが、船のエンジンがどうも不調のようで断念

見送る側にはなかなかなれないので残念… まぁ来年のGWも来るからいっか(。・ω・。)ノ

そして今晩の夕食
f0177621_2312163.jpg

マグロのカマ焼き&トロ刺し&あぶり刺し&アオリ刺し

最高すぎる(*ゝωб)

海の幸に感謝!小笠原に感謝!!

by skycaster | 2011-05-21 02:25 | 離島遠征

3月19日・20日 第四次新島遠征

member:KOTA 私

震災の影響で一時はまさかの一人新島遠征になりかけたが、出発前日になり、今回の状況下においてもっとも来なさそうな人ランキング1位のKOTAがまさかの参加表明

1泊2日の弾丸行程ながら、今回も新島にいって参りました

19日

状況が状況だけに当然といえば当然なのかもしれないが週末の夜にもかかわらずゴーストタウンと化したみなとみらい地区を歩き横浜大桟橋より新島に向けて出船

翌朝8時無事新島に降り立つ

事前に治五平に問い合わせていたのだが、島内は東京と違い普通に物資も流通してガソリンも通常どおりあるらしく一安心

早速車を借りフカセ狙いで渡浮根港へ
f0177621_2250721.jpg

前回の2月とはうって変わり風も穏やかで非常によろしい

さっそくコマセをまき釣り開始

開始1時間はコマセが効いてないのか反応はなかったが、徐々にコマセが効き始めると…
f0177621_2251402.jpg

いきなりの39㌢!!

真昼間、しかも堤防からこのサイズがでるのはさすが新島である!!

その後も
f0177621_22535353.jpg

30㌢!
f0177621_22544876.jpg

36㌢!!

いいかんじ!!

そしてKOTAはとってもおいしそうな
f0177621_22561391.jpg

27㌢肝パンのカワハギゲット!!

さすがに12時を過ぎると喰いが渋くなってきた

そこで20~30メートルのかなり沖を流す作戦に

するとこれが的中!
f0177621_22594611.jpg

35㌢!!

そしてとうとうKOTAにも待望のヒット!
f0177621_2302779.jpg

これまた同サイズ!!
f0177621_2305737.jpg

10時から15時までの全釣果

またしても30㌢以下のメジナは釣れなかった

新島すごすぎる…

夕マズメは夢のお魚を狙いにいくことにして夕マズメ前の3時には切り上げる

夕方、間々下 羽伏浦と見て回るも波風の状況が思わしくなく、夜のエギングにかけることに

赤イカが釣れているらいし黒根港は電気ウキのイカ師でぎっしりだったので再び渡浮根に

渡浮根の赤イカは昨年の3月私がチョコタツくんと行った時、一人で8杯も釣ることができた穴場スポットなのだ!

そして今回もその時と同じように表層をダート系のアクションで探っていく

が、、、なんの反応もない…

全然ダメなのでもう帰ろうかと思っていたその時!

普段通りの釣り方をしていたKOTAにヒット!!

ばれないように慎重に寄せてくる、、、

が、、ふっと軽くなってしまった…

戻ってきたエギをみるとイカの噛み後がざっくり

結構なサイズだったのかもしれない

このバラシでやる気がはいった我々だったがその後は何事もなく終了

翌朝のルアーにかける!

20日

無事6時前に起床

まずは羽伏浦へいくもbig wave…

しかたがないので間々下へ
f0177621_239696.jpg

濁りが若干入っているもののなんとか釣りはできそうだ

新島マリンのおっちゃんによるとここ数日は濁りの影響であまりよろしくないらしい

そうそうに波にやられて浸水しながらもルアーを振り続けること2時間

前月のマダイもう一度  

もう一度

もう一度…

だ、だめだった…(泣)

結局こんかいも夢のお魚はおあずけ…

直近ではもう新島に行く予定はないが、夢の魚を獲るその日まで 私は新島に通い続けます

おまけ
f0177621_23115719.jpg

春は出会いと別れの季節

帰りの船では各島で島をでる高校生のお見送りが行われていて全く関係のない私もちょっとうるっときた

就職だろうか進学だろうか

いずれにせよ社会の荒波に負けず頑張っていってほしいです(ノ・ω・)ノ

by skycaster | 2011-03-21 23:15 | 離島遠征

2月11日~13日 第三次新島遠征

member:チョコタツくん さぎょちゃん 私

第一次新島遠征でかなりの好釣果を得られたので、1ヶ月の間をおき再び新島へと出撃!

天気的には3日間かなりよろしくない模様で客船も条件付き出航だったが、なんとか新島にたどり着くことができた。

11日

朝8時過ぎ結構な荒天状況の中かろうじて新島に降り立つことができた

空は限りなくどんよりして雨も強い。。。
f0177621_14461813.jpg


宿のおっちゃんの車で宿まで向かう

おっちゃんによると昨日羽伏浦の港内で90㌢のマダイがルアーであがったらしい!

が、さすがにすぐには竿を出す気にはならずひとまず宿で12時過ぎまで仮眠zzz

14時過ぎ、雨は依然として強く降っていたが、釣りをしないわけにはいかないので渡浮根港へと向かう

現地に着くと当然のように人はおらず

かろうじて竿は出せるものの雨&風がはんぱない(汗

こんな状況で釣れるのか…

が、30分ほどたったころ、チョコタツくんが30㌢ちょいのメジナをあげる!
f0177621_14552797.jpg

夕マズメに向けて期待感じせずにはいられない一尾!

そしてしばらくたったころ私にもヒット!

やりとり中とんでもない暴風が吹いてきて若干ぱにくりながらなんとかネットイン!
f0177621_1457399.jpg

38㌢!!

これで私はこの日はあがったなと少し余裕をかましていたところに…
f0177621_145840100.jpg

チョコタツくん44㌢!!!!!!

テトラ際でかけた魚は激しい抵抗をみせ竿が半端なく曲がっていたがなんとかとりこみに成功!

かなりでっぷり太ったナイスバディの口太だ!!

雨風かなり強い状況の中私の服は完全に浸水していたがもう大興奮

後はさぎょちゃんが釣れば完璧だということで、チョコタツくんの釣っていた1級ポイントにさぎょちゃんが入る

そして、あのへんで喰うよ~とチョコタツくんと二人でいっているとまさにその位置でウキが沈んだ!!

相当な型者のようでレバーブレーキを使って懸命に耐えるさぎょちゃん

かなり暴れられたがネットインに成功!
f0177621_154891.jpg

写真がちょっと失敗してしまったのだが尾長の43㌢!!!!

美しい!!美しすぎる流れだ!!!!

結局この日の全釣果
f0177621_1571087.jpg

メジナ(口太)×2(44~38センチ)
メジナ(尾長)×2(33~43センチ)

釣れたメジナはすべて30㌢以上で木端の類は一切かからなかった!

初戦でいきなりまさかの勝利をおさめた我々は意気揚々と宿に帰還

雨が依然強かったのと下着まで浸水し完全に冷え切っていたのでこの日の夜釣りは中止

明日のヒラメ様に向けて寝ることに

12日

朝5時過ぎ起床

新島はなぜか朝は頑張って起きられる(笑

とりあえず第一次新島遠征でヒラメ様をあげた羽伏浦サーフへ

が、向かい風になっており釣りはかなり厳しそう

そこで追い風になる間々下海岸へ
f0177621_1517645.jpg

海岸へおりたってみると風気になるほどではなく釣りはできそうだ

チョコタツくんとさぎょちゃんは海岸左側のサーフへと向かっていったが、私は何かひっかかるものがあり、釣りにくいものの、海岸右の護岸で釣りはじめる
f0177621_15184987.jpg

打ち寄せる波に何度も浸水しそうになりながらキャストを繰り返す ルアーは宿のおっちゃん推奨のSHIMANO ヒラメミノー

そして7時前だったろうか

沖にフルキャストし数巻きしたことろ ガツン!!!

きき、きたーーーーーーー!!!!!!!!!!

アワセも決まり、最初の数メートルは素直に寄ってきた

が、、、、ここで大問題が発生!!

上の写真からも分かるように釣り座から沖合2~3㍍まで沈みテトラが入っており取り込みができない!

どどどどど、どうしよう(p・Д・;)

周りには人が誰もおらず一人大パニックに陥る私

魚は近くに寄れば寄るほど激しい抵抗をみせ10フィートのシーバスロッドは折れんばかりの曲がりをみせる!

なんとかとりこめる場所をさがし護岸上を右往左往するが取り込めそうな場所はなし

一瞬海に飛び込もうかと思ったが波が強く自動膨張式のライジャケが作動してしまうこと必至なので思いとどまる

そして魚が10㍍手前まで寄ってきて一瞬ぎらっと水面下でヒラをうった


まままま、マダイだーーーーーー!!!!!

しかも70㌢は優にあろうかというサイズ

もう完全に大パニック

このままいっても取り込めないことはわかっていても手が勝手にリールを巻いてしまう…

そして、テトラ際までよった魚が最大限の抵抗をみせドラグがうなりをあげたその瞬間…

急激にテンションが軽くなりルアーが自分に向けて飛んできた

バ、、、バレター!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

やってしまった、千載一遇のチャンスを逃してしまった。。。

ロッドを放り投げf〇ck!!!!と叫びながら壁を叩き荒れに荒れる(泣

ルアーをみるとカルティバの太軸フックがぐんにゃりと曲げられていた(;´Д`A

完全に戦意喪失に陥った私

これまでの経験上超大物はばらした後にもう一度かかってくれることなどありえない

最大級に落ち込みながらチョコタツくんとさぎょちゃんのところに

するとさぎょちゃんもヒラメらしき魚をかけたものの、すぐに逃げられてしまったらしい。。。

夢の魚まであとちょっとというところまで迫った我々だったが結局この日の朝は収穫なしで渡浮根港へ転戦

この頃から結構強い雨が降ってきた

朝のマダイ様をバラシた私は完全に心ここにあらず

雨がおさまるまで車の中でひたすら自分と向き合っていた(謎

もう朝マズメの時間は終わっていたがこの日も渡浮根はすごかった!
f0177621_15494826.jpg

チョコタツくん43㌢!!さぎょちゃん32㌢!!!

昼過ぎには雨が一段と強まったのでいったん宿に戻り夕方から再び渡浮根へ

釣り開始しばらく私にかなりの大物がヒット!!

底の方でギラっと光ったのでシマアジかと期待したもののあがってきたのは
f0177621_15525136.jpg

40㌢近い良型サンノジ!!

同サイズのメジナと比べると格段に引いた!

夕マズメにむけて期待がもたれたが、この後は私が35㌢前後のメジナを2尾釣ったのみ
f0177621_15545354.jpg

2日目の釣果

メジナ×4(43~32センチ)
サンノジ×1(40センチ)

暗くなり宿に帰還 この日は夜釣りができる最後の日だったので出撃準備をしていたところまさかの雷襲来(汗

さすがにこの状況では釣りはこわいので明朝3時に出発するとしていったん就寝

13日

朝3時、外に出てみると雨は止んでいた

とりあえず一昨日90㌢のマダイが上がった羽伏浦漁港へと向かう

私とさぎょちゃんはルアー チョコタツくんは電気ウキのフカセで狙う

1時間ほど投げたものの、マダイ様のキーワードであるきびなごは確認できず、フカセもウネリに苦しみ釣りずらそう 

そこで夜明けまで再び渡浮根へと向かう

ここで私とチョコタツくんが電気ウキのフカセに挑戦したのだが、いままでとはうって変わってかすりもせず。。。

夜も明けたので夢の魚を釣る最後のチャンスと羽伏浦へと向かう

が、、サーフィンの動画に出てきそうなBIG WAVEがおきており釣り不可能

間々下もまわってみたが波が高く釣り不能

ううっ、夢の魚はまたしてもおあずけか…(泣)

結局再度渡浮根へと戻り3人でウキフカセ

先端ポジションには人がいたため堤防中ほどで竿を出す

さすがに3日目ともなると反応は厳しく私が35㌢ さぎょちゃんが31㌢ チョコタツくんが28㌢を釣ったのみ
f0177621_1654351.jpg


11時前宿に戻りこれまでの釣果を並べてみる
f0177621_1662335.jpg

圧巻ナリ!!!

メジナ×10(44~30センチ)※うち40オーバー3匹!!

こんな光景雑誌でしかみたことない!

今回30㌢以下のメジナはほとんど釣れなかった!新島にいるとメジナのサイズの感覚が完全に麻痺してしまうのがこわいw

メジナは大勝利をおさめたわけだが、個人的にはやはりマダイ様のバラシが忘れられない!!

第3次新島遠征も近々出陣予定なのでなんとしても夢のお魚を釣りたいものだ!

by skycaster | 2011-02-22 16:09 | 離島遠征

2月3日~6日 第一次沖縄遠征

member:いずみん いなんばくん かこちゃん 私

ずっと行きたかったオフショアin沖縄!!

沖縄は1月2月は海の状況が不安定なものの、なんといっても旅行代金が激安!

今回も3泊4日往復交通費・レンタカー2台・水族館チケットを含めて3万円を切る値段なのだ

計画では4日間のうち2日間を観光2日を釣りの予定とした

3日

今回のパックは激安パックの影響か行きと帰りの飛行機の時間が出発直前まで分からない

ちょうど数日前までに旅行会社から知らされた出発時間は行きが羽田7時30分発 帰りが羽田20時15分発


まぁ行きが16時発とかじゃないだけましかもしれないがこの出発時間は結構ツライ…

かこちゃんは始発で出ても間に合わないみたいなので前日からうちにきて朝5時起きで羽田でいずみん・いなんばくんと合流 極寒の東京を脱出し一路南国沖縄へと向かう!
f0177621_062792.jpg

機内では旅行ガイドブックや釣りの話をしてみなさまテンション高め↑

10時過ぎ沖縄着!!

小笠原のような圧倒的な暖かさではないものの、やはり沖縄はあったかい!

ちょうどこの時期はプロ野球のキャンプの時期と重なり平日にもかかわらず結構な人がいた

さて、今日一日は観光なのでまずは空港からほど近い首里城・守礼門を見に行くことに
f0177621_0135627.jpg

いまではほとんど見ることのない2千円札に写っている場所だ

一通り城内を見学後今回お宿のホテルかりゆしビーチリゾートホテル
f0177621_0233465.jpg

f0177621_0235775.jpg

屋外・室内プール ジム完備 オーシャンビューの大浴場もあり部屋はとても広くかなりゴージャス

激安パックでこのホテルは素晴らしい!しかも最終日にはなぜか同じホテルの敷地内にあるVIP棟に部屋を変えてくれるらしいヽ(・∀・)ノ

オーシャンビューの部屋でまったりくつろいでいたら夕方になってしまったため、少し急いでちゅら海水族館へと向かう

どうでもいいけどこの誰もせかせかしない釣部が私は大好きだw

私といずみんは以前に行ったことがあったがいなんばくんとかこちゃんは今回が初

閉館間近ということもあってガラガラの環境の中快適に見学することができた
f0177621_0311389.jpg

明日の釣りで出演してくれる予定のマグロさんやGTさん達w
f0177621_0315479.jpg

ジンベイと一緒にパチリ

ジンベイがいる巨大水槽は何回見ても飽きることなく面白い

水槽の前にソファーとかを置いて一日中ぼけーっと眺めていたい気分だった

ちゅら海後は近くの定食屋で夜ご飯 

夜はかこちゃんと偽りプロさんと小1時間ほどskypeをやり明日の出船に備えて12時前には就寝zzz

4日

いよいよ沖縄での初釣り!

今回お世話になったのは第二康丸さんという釣り船

初めての釣り船は船長さんがどんなかんじか分からず結構緊張するのだが、ここの船長さんはほんとに良い方で沖縄に行く前から丁寧にタックルや狙える魚について教えてくれた

朝5時に起き出船場所の熱田漁港へと向かう

朝6時現地着 結構な風が…

ここで船長と初対面

船長いわく今日は風が強く、地形的に風裏になる場所がないので釣りは厳しいかもしれない

(ll゚ω゚(ll゚д゚ll そ、そんな、、、

沖縄の人なら今日は出船中止とするところだけど、せっかく東京から来てくれたんだからとりあえず船を出してみるだけ出してみるよーとのこと

ううっ、なんていい方なんだ><

朝6時過ぎ、まだ夜も明けきらぬ中熱田漁港を出発
f0177621_0472490.jpg

船長の言葉通り港を出るとかなりの揺れ
f0177621_0461353.jpg

中途半端に起きているとすぐ酔ってしまいそうだったので恥ずかしながら私はずっとこの状態

結局船長は2時間近く釣りのできる場所を探して走ってくれたのだが、どこも厳しく竿を出すことなく10時には港に帰着…

しかも、天気予報によると明日は今日より海況が悪くなってしまうらしく、明日の出船は中止となってしまった(* _ω_)...

当初予定していた2日間で釣りができないという最悪の状況にさすがに落ち込む我々

が、6日の東京に戻る飛行機は20時だと船長に話したところ、船を出せる状況なら自分の養殖の仕事をずらして船を出してもらえることになった

ううっ、なんていい方なんだ><(2回目)

というわけでなんとか最終日に釣りができるかもしれないという残された希望を胸にホテルへ帰還

とりあえず明日の対策を練ることに…

明日は風速が12~15メートルというかなり強い風の予報だが出船場所を変えれば釣りができるかもしれない

といわけで沖縄の他のルアー船にかたっぱしから電話をかける

そして、数件目 沖縄南部から出船するルアー船(慶良間でジギング)が明日出船OKとのこと!!

速攻で予約

これで落ち込んでいた我々のテンションも急上昇↑

安心して午後から遊びに行ける(´ω`*)

使わなかったホテルの朝食券をランチ券に変更し優雅なランチのコースを食べた後、CMでも多々でてくることの多い景勝地古宇利島へと向かう

あいにくの天候で透き通るような海の色ではなかったがやはりいい場所だった
f0177621_045650.jpg

なんだか絶対に嘘っぽい看板も発見w
f0177621_0455424.jpg

島にはこんな足場のよい場所もあり、スミ跡や釣り関係のゴミ(あんまりあってはいけないのだけれど)が結構あったので、良い釣り場なのかもしれない

今度来るときにはライトタックルをもってこよう

一通り島を散策しホテルに帰還

そして悲しいお知らせが…

昼間予約した慶良間のジギング船からやっぱ明日は風が強いから出船中止とのこと

ノ´・o・`ノ||||| ノ゜Д゜ノ||||

なんてこったい…

も、もうこうなったら明日も遊ぶしかない!!

旅行雑誌やネットで検索し、明日は午前マングローブカヤック 午後パラセイリングをすることにしてディナーに出かける

近くの結構いいとこと思われるレストランに入り私は一度は食べてみたかったアグーのステーキ(3000円也)を注文!

明日出船出来ないことのショックで金銭感覚が若干狂いかけていたがとてもおいしかったのでよし!

ディナー後はホテルのラウンジでみんなで軽く1杯 なんかセレブになった気分w
f0177621_0565013.jpg

アダルティないなんばくんw

4人で1杯ずつしか飲んでないのに8000円近かった(汗 でもまぁムーディーだったからよし!w

明日は釣り出来ない分遊ぶぞーー!!

5日


この日は午前中にカヤックにてマングローブ探索&シーカヤック 午後からパラセイリングを計画

朝豪華な朝食バイキングを食べやんばる地区へとカヤックツアーに向かう
f0177621_15355886.jpg

出船前のひとコマ
f0177621_1540071.jpg

なぜかフクロウが飼われていた

カヤックツアー中の写真がないのが残念だが、カヤックでないと絶対に行けない場所を探索

秘境っぽくてとても面白かった!

釣りはできないとのことだったが、マングローブでルアーフィッシングしたかった…

運がいいと水面下を泳ぐ大ウナギも見ることができたらしい!

マングローブ探索をした後はそのまま河口から海にでてシーカヤックをやったのだが、波がかなり高くすぐ撤退

さすがにこの日は海釣りは無理っぽかった…

カヤックを終え昼過ぎホテルに帰還

昨日と同様豪華なランチコースを堪能する

そして、この日から我々はVIP棟へと移動

‘THE豪華’といったかんじのエントランスを抜け案内された部屋は…
f0177621_15464118.jpg

f0177621_15482585.jpg

とんでもなく豪華!!!!

奥行きがあり、こんな展望用小部屋も!
f0177621_15494174.jpg

そしてお風呂はなぜか鏡張りw
f0177621_15503265.jpg

ちょうどこのときパラセイリングが強風により中止との連絡があったが、こんな豪華な部屋に泊まれることによりダメージなしw

部屋にはワイン・ウイスキーの小瓶も常備されていたので昼間から乾杯
f0177621_15531191.jpg

VIP棟には前日よりさらに豪華な屋内プールとジムがあるとのことだったので屋内プールで一泳ぎした後
ジムで明日の対マグロ戦に備えてトレーニングw
f0177621_15563056.jpg
f0177621_15564170.jpg

またしても優雅な時を過ごす
f0177621_15571711.jpg

さらに夕方からはホテルのテニスコートでテニス

エントランスから徒歩2分くらいの場所にテニスコートがあったのだが、テニスをする旨を伝えると黒塗りのクラウンがやってきてテニスコートまで送迎してくれたw

そして夜は豪華な流れに乗ってホテル1階のレストランで焼肉バイキング 
f0177621_1604486.jpg

アグー豚もメニューに入っており大満足!
f0177621_1611270.jpg

食後はプールサイドを散策

やばい、もはや沖縄に釣りに来たことをほとんど忘れかけている(σ´・ω・`)

結局夜も部屋で無料の映画を見ていたため、寝たのは12時過ぎ

明日は釣りだ~!!!

6日

朝3時 VIPルームに泣く泣く別れを告げ熱田漁港へと向かう

今日は風もほとんどなく一昨日の荒れ模様が嘘のよう

まだ暗い中パヤオに向け再び出船!!

2時間ほど走っただろうか…

パヤオに到着!!

見渡す限り陸地らしきものは確認できずかなりの沖合に来たことがうかがえる

波はそれほどでもないものの、前日までの睡眠不足と焼肉を食べすぎたせいか私は船酔いに陥り戦闘不能(泣

海面をみると小型ながらマグロがさかんに飛び跳ねておりいずみんが早速トップで仕留める!!
f0177621_16103925.jpg


私も船酔いでふらふらの中2~3投投げたものの即ダウンでキャビンでマグロ状態(泣

結局2~3時間ほどダウンしていたが11時くらいにようやく復活!!

が、、時合はすでに終了(。┰ω┰。)

私がダウンしていた間皆様好調だったようでジギングやエビングでキハダを次々とゲット!!
f0177621_16142048.jpg

f0177621_16143578.jpg

f0177621_16145678.jpg

f0177621_16151139.jpg

いなんばくんはキハダの他にかなり良型のカツオもゲットしていた!!

私が復活したころから急激に魚が釣れなくなり、パヤオをあきらめカンパチ&アカジン狙いに変更
f0177621_16163486.jpg

みんなで頑張ってしゃくり続くるものの沈黙が続く…

80㌘の鯛ラバで根魚系を狙っていた私に1回かなり大きめの魚が掛かったのだが、途中で惜しくもバラシ(泣

結局船長が鬼シャクリでハタを一匹釣ったのみで帰還
f0177621_16183699.jpg

釣果を並べると結構釣れたようにも思えるのだが船長によると今日は全くダメらしい…

それでもマグロが一人6尾くらいの配当に

釣ってない私もおこぼれにあずかり、熱田釣具店から自宅へ向けて冷凍輸送の手続きをとる

仕事をずらしてまで今日船をだしてくれた船長に感謝し、那覇空港へと帰還

一瞬釣りを忘れかけた4日間であったが、振り返ってみればとても楽しかったしなにより最後の一日で釣りができたことが本当によかった!

秋も面白いとのことなので9月にまた沖縄にくることを決意! 

9月と2月の沖縄は定番になりそうです!

by skycaster | 2011-02-21 00:53 | 離島遠征

1月8日~10日 第二次新島遠征

member: かわむらくん いなんばくん さぎょちゃん チョコタツくん 私

伊豆七島の中でも魚影の濃さでは定評のある新島

特に冬期他の島の釣果が芳しくない中であっても、ブリ・ヒラメ・マダイ・ヒラスズキ・メジナなどが狙って釣れる非常に魅力的な島なのだ

昨年の2月チョコタツくんと行って以来、新島に行くタイミングをはかっていたのだが、満を持して出撃してまいりました!

8日

3連休ではあったものの、東海汽船は比較的すいていて快適な船旅

ただし、私はPSPでかわむらくんの〇〇〇1/48を深夜までやっていた影響か若干よく眠れず朝を迎えた…
(設定が逆なら絶対買うのに…)

朝8時30分新島着! 東京に比べると比較的暖かく、風もなし!非常に良いコンディションだ!

今回のお宿も治五平

ここの宿のおっちゃんは新島一ともいわれる釣り名人 昨年の2月も圧倒的な釣果を見せてくれた

おっちゃんによると今日は羽伏浦なんかいいんじゃないかということで、レンタカーを借り昼から羽伏浦港へ向かう
f0177621_229369.jpg

天気もよく人もいない! 最高だ!!

私とチョコタツくんはウキフカセでメジナ狙い 残る3人はルアーで釣りを開始

ウキフカセは開始こそ沈黙したものの、やがて20㌢後半のメジナが連続ヒット!

が、新島では30㌢以上しばりがあるので30㌢に満たないものはリリース

なかなか30㌢以上が釣れずやきもきしていると、水面直下を猛スピードで泳ぎ餌をかすめとっていく‘高速餌取り’が出現!!

なかなかこいつが釣れなかったがチョコタツくんがついに御用!
f0177621_22124487.jpg
正体はヒラソウダ

煮つけや空揚げにするとうまいらしい

ルアー組はというとかなり潮の流れ的にはよかったものの、時間帯のせいもあってかノーヒット

夕マズメにむけて場所移動を検討

私はこのままウキフカセをやってもよかったのだが、せっかく新島まで来たのだから夢の魚(ブリ・マダイ・ヒラメ)を釣りたい!とルアー組についていき和田浜へと移動
f0177621_22154355.jpg

ここ和田浜は昨年の2月に宿のおっちゃんがマダイ3尾を鬼づもした印象深い釣り場なのだ!
f0177621_22164020.jpg

私のミスでなぜかハードなエントリールートで入釣w

夕マズメも重なり雰囲気は非常によかったのだが…

残念ながらこの日はルアーはノーフィッシュ…

一人羽伏浦でウキフカセをやっていたチョコタツくんは自己記録更新となる37㌢をゲット!
f0177621_2219856.jpg

f0177621_22414971.jpg
チョコタツくんの全釣果  この日はチョコタツくんの一人勝ちであった!

ちなみにこの日宿に泊っていた別の釣り人はカゴ釣りで70㌢はあろうかというマダイを筆頭にマダイ3尾、40㌢オーバーのメジナ・シマアジと大爆釣だった! うーむ、マダイがやはりいるのか…

9日

このところ合宿での起床率が悲劇的に低い我々であったが、この日は目覚ましを10回くらいかけて6時に起床!

みんなで羽伏浦のサーフに行ってヒラメを狙いに行く

私は20年近く釣りをやっているが、まともなサイズのヒラメを釣ったことがなく、なんとかヒラメを釣りたいと思っていた

ただヒラメを陸っぱりから、しかもルアーで釣るなんてとんでもなく釣れない釣りのイメージがあった この時までは…

羽伏浦の正面からエントリーして右側からみんなで探っていく

ちなみにみんなのルアーはミノー わたしは飛距離の稼げるピンテールを使用

釣り開始からしばらくたったころ、ありえない出来事が私の目の前でおこった!

なんと50㌢級のヒラメ2~3尾がなにかを捕食するように海面を割って飛び出したのである!しかもかなりの近距離で!!!!

よく治五平のおっちゃんのブログに「今日はヒラメが空を飛んでいた」という表現があるのだが、私は好調なときのおっちゃんの独特の言い回しかと思っていた

が、今まさに目の前でヒラメが飛んだのだ!!

これを間近で見ていた私とチョコタツくんがもう大興奮!!

めちゃくちゃ力をこめてキャストを繰り返す

そして…

少し離れたところで釣っていたチョコタツくんがこっちにむかって走ってきた

てっきりまたヒラメが空を飛んだことを伝えに来てくれたのかと思ったがその手には…
f0177621_22302864.jpg

まさかのヒラメ様 46㌢!!!!!!!

ついに!ついに幻のヒラメ様を!!

私が釣ったわけではないのだがすごい感動!!

が、奇跡はこれで終わらなかった!

ものの10分もしないうちに今度はかわむらくんに…

f0177621_2233124.jpg

ヒラメ様 再び!!! しかも62㌢!!!!!!!!!

すげー!!! うらやましーーーーーーー!!ちなみにこのヒラメ、ルアーを丸呑みだったらしい!!

ヒラメをまだ釣ってない私といなんばくんとさぎょちゃんはさらに力をこめてキャストを繰り返す!

が、、、、、

これが時合だったのかその後はだれにもヒットせず…

かなーーーーり遠くまで歩いたのになぁ…

若干へこみながらいったん宿に帰還

いったん仮眠をとった後、再び昨日と同じ羽伏浦港へ
f0177621_22394372.jpg

私とチョコタツくんはウキフカセでメジナ狙い

堤防先端には先釣者がいたため、私は堤防中ほどに釣り座をかまえ対岸の堤防のテトラ際を狙う

が、、、

餌すらほとんどとられない…

時刻は真昼間でしかも奥まった場所にあり潮もあまり通さなかったので、半ばあきらめムード

離れたところで釣っていたかわむらくん達が羽伏浦のサーフにヒラメを狙いに移動するというので私もそれについて行こうとなかば消化試合のようにコマセを撒きまくる

そしてもう撤収しようかと思っていたその時

0ウキがゆーくりとしもり、そして非常に遅いスピードで沈んでいった

昨日のメジナはかなりすぱっと消し込むようなアタリだったのでどうせ餌とりだろうと思いながら合わせをいれる

が、予想に反してかなりの重量感が!!

というか、相当な型物のようなのでとっさにレバーブレーキを使用して対応

テトラ際からは幸いすぐ離れてくれたものの、下へ下へと突っ込むようなひきで全然浮いてこない…

昨日チョコタツくんが大きいイスズミを釣ったそうなので、これもイスズミかもしれない

私の竿曲がりを見てチョコタツくんがタモをもってかけつけてきてくれた

いや~イスズミの引きって半端ないね~などと話しながら緊張感のないやりとりを続ける

そしてようやく魚が姿を現した

いや~ ずいぶん黒いイスズミだなー

!!???????

い、いや、、、、

イスズミじゃなくてメジナだーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

一気に心臓の鼓動が高まるのを感じ、慎重なやりとりに急転換

壁際に突っ込まれるなどヒヤリとする場面もあったが、さすがは赤い竿!最後の突っ込みもためてくれて無事にネットイン!!
f0177621_22515486.jpg

で、でかい!!!!!
f0177621_2252386.jpg

サイズはなんと46㌢!!!!!!!
f0177621_23144466.jpg

まさに皮一枚のぎりぎりの状態であった(汗)

個人的には入間で釣った40㌢を越えるメジナ自己新記録だ!!

堤防から、しかも真昼間このサイズが出るのとは… 新島恐るべし!!

正直この一尾で功成り名遂げた感のあった私であったが、欲をいえばヒラメ様を釣りたい…

夕方、チョコタツくんをまた残し4人で朝の羽伏浦サーフへ

なんといっても朝方実際にヒラメを釣っているのでみんな気合いは十分!!

私は再び海岸右端を目指して大移動

が、投げども投げどもヒラメ様からのシグナルはなし…

釣れないのでみんなのいる場所まで戻ってきたその時

いなんばくんにヒラメがヒット!!
f0177621_225953100.jpg

ヒラメ様 46㌢!!!!!!!!!

まさかまさか夕方にも釣れるとは!!

ちなみにかわむらくんも同サイズをかけたものの惜しくも波打ち際でばらしてしまったらしい…

この後はみんな暗くなるまで粘ったがノーヒット…

一人ウキフカセをやっていたチョコタツくんは羽伏浦がいまいちとみると渡浮根港に移動し再び自己記録更新となる40㌢のメジナをゲット!!
f0177621_234159.jpg

さすがである!!
f0177621_2361474.jpg


この日は西風が10メートル以上吹くようなタフコンディションであったが、私 チョコタツくん かわむらくん いなんばくんに忘れられないメモリアルフィッシュがヒットし大成功!! あとはさぎょちゃんが釣るのみだ…

10日

私にとってヒラメ様に出会える最後のチャンス

が、朝起きて羽伏浦サーフに行ってみると波風を正面から受けており釣り不可…(涙)

仕方がないので黒根港へと移動しみんなでミノーやらメタルジグを投げる

あわよくばブリ・マダイ様が釣れないものか…

ここまでさぎょちゃん以外はみんないい魚を釣っており、ここでさぎょちゃんが釣れば完璧だったのだが…

新島の神様は優しかった!!

堤防なかほどで頑張ってジグをしゃくっていたさぎょちゃんに魚がヒット!!

堤防際でかなり激しい突っ込みをみせ苦戦しながらも見事あげたのは…
f0177621_23103175.jpg

なんとカンパチ40㌢!!!

いや~よかったよかった!!!

この時期の釣りでまさかの全員安打を達成!!
f0177621_23114828.jpg

f0177621_23124784.jpg

3日間での全釣果!! 新島最高すぎる!!

今回のタイトルを‘第一次’新島遠征としたのはもちろん第二次があるからですw

2月にもまた行くのでまたこんぐらい釣れるといいなー

by skycaster | 2011-01-12 23:15 | 離島遠征

11月1~3日 第1次八丈島遠征

member:プロ ひろき いなんばくん さぎょちゃん 鈴木さん かーこちゃん 私

本来の予定では10月30日~3日までだった八丈合宿

が、季節外れの台風直撃をもろにくらい、31日の夜に出発がずれこんでしまった(泣

しかも31日夜も条件付き出航(八丈まで行って波で船がつかなれば東京へreturn)

3日までいることができない私にとっては意地でも着岸してもらわなければ困るのだ(汗

31日夜22時竹芝桟橋を出航
f0177621_20361376.jpg

条件付き出航ということもあるのだろうが、夏と比べると人いなさすぎw

無事着岸することをひたすら祈って就寝
f0177621_20371927.jpg

着いた~!!!!!!!!

が、波がとんでもなく高い(写真の波の高さ船と同じくらい汗

八丈島は低い堤防が多く、有望ポイントである底土港、八重根港は完全に波で洗われており釣りは不可能。。。

しかたないのでおとなしく宿に向かう
f0177621_20393771.jpg

東京はもうすでに寒波到来したが、八丈はまだまだ夏チック!

夏はまだ終わっちゃいないぜ!!

宿で準備を整え、エース釣具店に立ち寄り釣況を確認

やはり今日は低い堤防はダメとのことなので神湊港へ

ここは堤防からかなりの高さがあり波の心配はなさそうだ

私の目標はカンパチ!八丈といえばカンパチなのだ!

60㌘のジグをフル遠投し、しゃくりをくりかえす!

と、いきなりヒット!! いなんば君がガンジギで(爆w

結構強い引きをみせてあがってきたのは
f0177621_204357100.jpg

比較的良型のナンヨウカイワリ!

シガテラがこわいらしいのだが、鍋に入れてしまえば関係ないと信じてキープ

さぁ、次はカンパチ!と意気込みしゃくるしゃくるしゃくる。。。

ううっ、こない(泣

結局この日はエソを追加したのみで青物の部終了。。。

宿に帰還

夕ご飯、合宿といばもちろんキムチ鍋!キムチ鍋以外の選択肢はないのだ!w

ということで八丈ストアでスーパーにあるすべてのキムチを大人買い

さらに肉も本能の赴くままに買いまくる!
f0177621_20484246.jpg

予想通りとんでもない量に…( ̄ω ̄;)!!

7人全員に過酷なノルマが課せられるもいなんば君の奮闘によりなんとかキムチ鍋に勝利!
f0177621_218543.jpg


ヒロキとプロさんを残し神湊港へとエギングへ行く

昼間ちらっと見たときにスミ跡を確認していたので頑張ってしゃくるしゃくる

が、反応なし 一回私にフォール中ヒットのようなものがあったのだが一瞬でバレる。。。

もう帰ろうかと心が折れかけた瞬間鈴木さんから釣れた!との声が

急いで駆け寄ると…
f0177621_20524176.jpg

なんとアオリ様が!!

鈴木さんは今回がエギング初挑戦!すげぇ!

ということで目でたく1時間延長決定!

みんなで気合いをいれてしゃくるもこの後は追釣できず

1日目終了

2日目

このところ朝起きられないことが圧倒的に多い中奇跡的に6時過ぎにみんな起きいざ出陣!

一番のポイントの八重根にいくも波で洗われており釣り不可(泣

底土へ移動 ここも先端部分は波がかぶっていて釣りができないので奥の小堤防と堤防中ほどの二手に分かれて釣り開始!

が、とんでもない爆風とすなぼこりにやられてすごすごと退散

レンタカーのうちの1台が謎の故障に見舞われるもかーこちゃんの努力によって無事復旧

宿にもどって少しねて優雅に温泉にいく

観光地の温泉は1000円前後が相場なのだが、八丈島は300~500円と非常にリーズナブル!

温泉のなかでは渦潮を作ったりプロさんとおしりあいになったりとなかなか密度の濃い時間を過ごすw

さて夕方!依然波が高いので昨日と同じ神湊へ

何か魚を釣りたい我々だったが、この日はナンヨウカイワリすらこず・・・

もうこうなれば波が収まる明日の朝一を狙うしかない!!!!

夕ご飯 昨日キムチ鍋に散々苦しめられたものの、なんとか勝利した我々であったが、敵はさらなる量で我々に襲いかかってきた(汗
f0177621_212852.jpg

昨日の1.5倍の量の鍋&なぜかキムチチャーハンまで登場┗(・ω・;)┛

これに完全に私はやられてしまい、夜釣りに行くことができず…

鈴木さん かーこちゃん いなんば君で出撃したものの、釣果は得られず…

明日勝負だ!!

3日

朝、穏やかな日差しで目が覚める

ああ、よく寝た(●^ω^)

ところで今…

8時過ぎ(´・ω・`)

俺たちの八丈は終わった(泣

ということで全員起きられず終了(爆

プロとヒロキに港まで送ってもらい入れ替わりでくる海洋大の方々と一緒に記念撮影
f0177621_2173324.jpg

八丈を去るときの底土港先端
f0177621_2113758.jpg

余裕で釣りができるw

ちなみに私達が帰った後はこんなのが釣れたらしいです
f0177621_2114247.jpg

う、うらやますぃ!!

by skycaster | 2010-11-09 21:14 | 離島遠征

9月2日~5日 第2次神津島遠征

member: プロさん ひろき たかま いずみくん かわむらくん マカ安田氏 くらら おかやん 山ちゃん
        たまちゃん はち いなばくん さぎょちゃん かこちゃん マスター 私

行って参りました夏合宿今回は総勢16名(だよね?)!!

史上最多の人数での合宿! 事前情報によるとそれほど調子は良くないらしいが果たして釣れるのか??


9月1日夜

22時夜行船で東京竹芝桟橋を出船

いつもながらこの夜出ていくわくわく感が私は大好き

大学生の休みシーズンということもあり、船内はかなりカオスな状況になるかと思われたが、意外と平和

それどころかなぜか甲板では私にとって夢のような空間が広がっており、しばしの異文化交流に挑戦!!w
f0177621_123845.jpg

し、しあわせ((*´∀`)) www
f0177621_1244718.jpg

真面目に国際交流にも励みましたよ!

そんなこんなをしているうちに深夜になってしまったので就寝

今回は特2等なので非常に快適だった

9月2日

朝9時 神津着!!

やっぱ神津の海は綺麗!!

宿は去年お世話になったマリンハウスCHOZA

今年もやさしいおばちゃんが出迎えてくれました!

朝一のチャンスタイムはすでに終わってしまったのでみんなで海に泳ぎにいく!
f0177621_1302757.jpg
f0177621_1314844.jpg
f0177621_132174.jpg
f0177621_1321591.jpg

去年とやってることはほとんど変わらないが楽しかった((*´∀`)

その後釣り組と別れ飛び込み台へ
f0177621_1342595.jpg

今年も一番高い崖から飛び降りることはできなかった…

来年は飛びたいなぁ

一方釣り組は
f0177621_1353462.jpg
小さいながらもアオリをゲットした模様!

夜、私は明日に備えて寝たものの一部のメンバーは夜釣りに繰り出していった

9月3日 早朝

いよいよここからが本番!

昨年は前浜桟橋先端で奇跡のブリを釣っており、今回もその再現といきたいところ!

場所をとるため朝3時起床し、前浜桟橋へGO!

??あれ??

だれもいないΣ(・oノ)ノ

去年はカツオが釣れ盛っており、朝4時にいっても地元の人がかなりいたのに…

これは釣れてない証拠なのか…

でもまぁ先端存分に使えるんだしとポジティブに考え夜が明けるのを待つ

そして夜明け

みんなで一斉にジグをしゃくり続ける

これだけの人数でやってれば誰か一人はヒットするだろう







こない…

沈滞ムードが漂おうとしたその時!!

マカ安田氏にヒット!!!!!

マカ安田氏は一人明らかに超ヘビータックルを使っていたのだが、その竿が思いっきり曲がっている!!

かなり激しいドラグが鳴り響き魚の激しい抵抗がうかがえる

が、そこはマカの力で徐々に魚との距離をつめ、上がってきた魚は…
f0177621_1433399.jpg

カンパチ61㌢!!!!!

ヒットルアーはなんとシンペン!

みんながジグを使う中、みごと逆をいって仕留めたかんじだ!!

そして、カンパチの興奮冷めやらぬ中、またしてもマカ安田氏にヒット!!

あがってきた魚は…
f0177621_1464589.jpg

マダイ45㌢!!!

こちらはなんと鯛ラバでゲット!

すごすぎる… まさにマカに金棒(謎w

このままマカ氏の一人勝ちかと思われたが、ここでさぎょちゃんが奮闘
f0177621_1483755.jpg

ジグで40㌢のハタ!

そして
f0177621_149485.jpg

なんとメーターオーバーのアオヤガラをゲット!!

すげーーー!!

私を含め他のメンバーはかなりがんばってジグをしゃくったもののかすりをせず…

うむーーー 勝ち負けのはっきりつく朝まずめであった

一方ジグをあきらめフカセをやっていたメンバーは
f0177621_1511030.jpg

f0177621_1512593.jpg

良型ウスバハギを捕獲!

こいつはおいしいのでクーラーにキープし宿へGO!
f0177621_152224.jpg

クーラーに入りきらないアオヤガラがなんともシュールwww

3日夜

マカ氏が釣ったマダイ&カンパチを食す!
f0177621_2214472.jpg

写真はないがアオリイカも混じり超豪華な食卓に!

これぞ釣りの醍醐味なのだ!

夕食後、私はさすがに疲れて寝てしまったのだが、多幸湾にいったメンバーに事件が!!

な、な、なんと!!!!




f0177621_2216936.jpg

アオリ1.7キロ!!!!!!!!!!

釣ったのはなんとハチ!!!!!

1.7㌔なんて釣部で誰も釣ったことがなく、まさに偉業!!!

他のメンバーもアオリを結構釣ってきたがこんなサイズは誰も釣れなかった!

今年の小笠原以来イカメンを追い続けていたハチにとってすごいうれしい一匹になったことだろう!
f0177621_22201425.jpg
憧れの超イカメンと添い寝w いいなぁw

4日朝

なんかもはや時系列がよく分からなくなってしまった&写真があんまないのです><

くららとさぎょちゃんと私で前浜桟橋へ

くららがガンジギでカンパチを2尾ゲット!!

私も岸際に狙いをしぼってしゃくってしゃくって…

キタ!!
f0177621_22481957.jpg

:*(*ノΘ`)*:・ なぜにエビ様…(リリースしましたよ)

結局私はカンパチ釣れず…

多幸湾にいったメンバーはいなばくんがカンパチを釣ったもののなぜかリリースしてしまったらしいw



4日帰りのメンバーとお別れ
f0177621_22425610.jpg




多幸湾にエギングをやりにいく

私めにも㌔アップをとがんばったものの釣れたのはおかやん
f0177621_22435673.jpg

神津にきてアオリに開眼したらしい!!  いいなぁ…

5日 朝

最終日

なんとか回遊魚様をと前浜桟橋でジグをふる

最初私と夏子ちゃんといずみくんでやっていたのだが、途中からマカ氏とひろきが合流

すると、マカ氏がすぐにかける!!

あがってきたのは45㌢ほどのカンパチ!

マカ氏やべぇ…

そして岸ジギで狙っていた夏子ちゃんにも待望のヒット!!

35㌢ほどのカンパチをゲット!!写真がないのが残念…

結局この日も私にお魚は釣れず…

うーむ、どうやら最初の船内ですべての運を使い果たしてしまったらしいです…(涙

振り返れば回遊魚はかなり不調だったものの、それでもカンパチがコンスタントにでるのはさすが神津島!

回遊魚に反して好調だったのはイカ!昨年は全然サイズが出なかったのに今年はうって変ってかなりのサイズ! 

どっちか釣りたかったな~

来年にリベンジや!
f0177621_2302584.jpg

by skycaster | 2010-09-30 01:53 | 離島遠征

2月24日~3月1日 第1次新島遠征

member: 私 チョコタツくん

お宿:治五平

えー更新が遅くなってしまい大変申し訳ありません(´-ω-`;)

もう一か月近く前ですがチョコタツくんと2人で新島に行ってきました。

24日

前日23日にコンクリートジャングル東京を脱出し夜行船で新島へ

平日に優雅に島へ脱出できる優越感と、もうこんなこと出来なくなるんだなぁという寂しさを感じながら一人感慨にふける…

この時期の東海汽船は初めて乗ったのだが、夏の騒がしい喧騒がうそのよう

騒がしい学生集団など一切なく、ひじょーに落ち着いた雰囲気

船内もがらがらなのでスペースを目一杯使い就寝zzz

朝8時過ぎ、新島着!ひじょーに穏やか!!が、この時の私たちは新島の恐ろしさを知る由がなかった…
f0177621_2131989.jpg

実は私にとって新島は初上陸!

今まで何度か新島釣行プランはあがっていたのだが、台風などでお流れになっていたのだ!

今回のお宿は治五平

ブログを見れば分かる通り、ここのおっちゃんはスゴ腕の持ち主!今回もその実力を私たちはまざまざとみせつけられることとなった!

最近の新島はマダイにブリ・ヒラメにイサキが釣れているらしい!!

マダイにブリにヒラメ釣れちゃったらどうしよー(*ノω<*)

さて、新島上陸初日は夢はひとまず置いといて新堤でメジナ釣り
f0177621_2144920.jpg

潮はいいかんじに流れ、25㌢級がほぼ入れがかり!!
f0177621_2124291.jpg

20匹近く釣ったがMAXはこのサイズ…
f0177621_2154380.jpg

三浦や伊豆ならキープかもしれないが、ここは新島なのでオールリリース

夕方、いよいよ夢のお魚のお時間

間々下海岸へいざ出撃!!
f0177621_222344.jpg


とりあえず、夢の魚(ブリ・ヒラメ・マダイ)狙い!

地元の人はみんなミノーを投げているので、私もそれにならってひたすらミノーを投げる!

30分ほど投げていた時だろうか

私の左で人の動きがあわただしくなった!

私も急いでかけよると!
f0177621_2241571.jpg

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

イワシが100匹くらい浜に打ち上げられている!!

これは何者かに追われているのだ!!

地元の人はなぜか竿をほっぽり出しイワシをバケツに懸命に入れている??

私はここぞとばかりミノーを投げ倒すもノーヒット…

私には見えなかったが、地元の人によると、波打ち際でマダイの背びれが見えたらしい!!

くー、、、おしかった(´Д`;) 
f0177621_23106.jpg


25日

この日は朝一からメジナ狙いで渡浮根港へ

波が非常に穏やかで海もすごぶる綺麗なので底が見渡せてしまう

コマセをまき、テトラの切れ目を狙っていると
f0177621_2294123.jpg

36㌢がヒット!!

ここ(新島)のメジナは尾長なのもあるのかもしれないが、伊豆メジナと比べて引きがはるかに強い!
チョコタツくんも31㌢を釣りあげ、強敵カワハギ先生を御用に!
f0177621_232796.jpg
どちらも28㌢級の良型だ!
結局この日のキープ分はこんなかんじ
f0177621_2325714.jpg

30㌢以下はすべてリリースしたが、25㌢級メジナは相当釣れた

夕方、夢の魚を求め昨日同様間々下海岸へ

が、この日はボイルもイワシの打ち上げもなく、静かに終了…

うーむ、そう簡単には釣れないか…

26日

この日は朝天候が悪かった

朝一間々下海岸で夢の魚を狙いに行くも、風が強く釣りにならず、、、

帰り際新堤で竿を少し振るも、寒さと風に負け、宿に撤収 当然就寝タイム

9時過ぎ、宿のおっちゃんに呼ばれる

外に出てみると…
f0177621_2381364.jpg

70㌢オーバーのマダイ!!
しかもちょっと小さいけどもう一尾!
f0177621_2391089.jpg

なんでも宿のおっちゃんが朝方和田浜で釣ったらしい…

くーーーーーーーー、行けばよかったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

朝方あそこで諦めてしまったことに激しく後悔したものの、今から行っても釣れないので、再び渡浮根港へ

昨日より波があり多少釣りにくかったものの
f0177621_2422886.jpg

f0177621_2424138.jpg

30㌢オーバーが結構釣れた!

夕方、渡浮根港にチョコタツくんを残し、私は一人和田浜へ夢を追って上京(謎w

腱腫炎になるんじゃないかと思うくらいルアーを投げ倒したものの、ノーヒット…

ううっ、夢の魚への道は遠い…

暗くなり渡浮根港へと戻るとチョコタツくんが順調にメジナを追加していた!一回とんでもないでかいボスメジナがかかったものの、ブチ切られてしまったようで残念…
f0177621_24883.jpg

この日のキープ分 明日帰るので28㌢くらいのもキープしたが、メジナに関しては上々の結果だった!

27日

この日は前日から雨風強い予報だった

風向き的に釣り場はどこもきついだろうと思った

だから寝ていた

チェックアウトのため布団をたたんでいるとおっちゃんが戻ってきた

「今日は船欠航だよ」

ショックを受ける2人

だが、それより私がショックだったのは…
f0177621_2533962.jpg

85㌢のブリ!!!!!!!!

雨風吹き荒れる中黒根港で釣ったらしい!

なんでも釣り人5人中全員にブリがヒットし、そのうち4人がゲットしたらしい!!

ショック!!!!!!!!!!!!!!

だってだってだってだってまさかこんな予報の中釣りになるとは思わなかったしーーーー

ブリ釣れるなんて思いもしなかったしーーーーーーーーー泣泣泣

2日連続の失態にとことん自分が嫌いになりながらも、再び渡浮根港へ

が、この日はうって変って状況は悪く、私が28㌢のメジナを1匹釣ったのみ…

夕方、黒根でミノーを投げるもノーヒット…

なんだかだめだめな一日だったので渡浮根港へ夜釣りに

チョコタツくんはアジング 私はエギでイカ狙い

これが2人とも大当たり!!
f0177621_2592338.jpg

チョコタツくんは20㌢オーバーのアジをコンスタントにゲット!
そして私は
f0177621_30079.jpg

高級魚(イカ?)アカイカをゲット!!

全部の写真を撮るのを忘れてしまったが、全部でアカイカを8匹を釣りあげることができた!

アカイカは完全に表層を意識しているようで、最初の1匹以外は全部テクトロで釣ったのだ!

いやはや、こんなことならもっと早くから夜釣りをしておくべきだったーー

28日

この日も天気予報は悪かったものの、同じ轍は踏むもんかと和田浜へ出撃!!

が、強風で軽くはじき返される…

さすがにこの日はおっちゃんも釣れなかったもよう…(でもヒラメをばらしたらしい…)

宿に戻り、チェックアウトの支度をするべーと思っていると再び船欠航のお知らせが…

さすがにやべぇぞmoneyが…(汗

しかも追い討ちをかけるかのごとくチリ巨大地震の影響で津波警報が発令!

ニュース津波一色…

新島も津波警報発令で海には近づくな的なアナウンスをやっていたため、宿に軟禁状態に…

以前下田にいった時も台風でこんな感じだったが、海を目の前にして釣りに行けないほどつらいことはないのだ…

あーーーーーー釣りいきてぇーーー

結局津波は予想されていたより全然微弱で被害は皆無

明日は絶対帰れるようにセスナの第1便を予約

3月1日

新島最終日

朝一、レンタカーをすでに返してしまったので、なんと宿のおっちゃんの車に私がのせてもらえることに!

おっちゃんについていけば間違いない!!これはチャンスだ!!!!!

釣り場は和田浜

開始30分

いきなりおっちゃんが50㌢級のマダイをかける!!

それをみて私もルアーをイワシカラーにチェンジ!

さらにおっちゃんが2尾目を追加!!さっきよりさらにいいサイズ!!

くーー隣でやってるのにーーーーー

が、次も宿のおっちゃんにヒット!

かけた瞬間ドラグが止まらずかなりの良型だったが、手なれたかんじで浜にずり上げたのは70㌢を優に超えるサイズ…

わ、わたしにもマダイを(* _ω_)...

そして…

おっっちゃんのリーリングスピードを真似ようとおっちゃんをの釣る姿を見ていたその時、

とうとう私にもヒット!!!!!!!

キターーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

バレターーーーーーーーーーーーー←(((;ω;)(+ω+)))→

あまりにも波打ち際でヒットしたため、あわせがうまくきまらなかったのだ…

ううっ、涙で前が見えませぬ…(´∩`。)

おっちゃんの竿が綺麗に曲がるシーンや、波打ち際にタイが現れる興奮シーンをとったのだが、私の携帯が水没して壊れてしまったため、残念ながらそのショットはなし…

が、3尾並べるとこの迫力…
f0177621_3193647.jpg

圧巻の一言です…

結局今回の新島釣行では夢の魚に手が届かなかったが、この時期の新島のすごさは衝撃だった…

朝夕はルアーで夢の魚を追い、昼はメジナ、夜はアジ&赤イカ

なんてすばらしい流れなんだ!!もっと早くから新島を知っとけばよかった…

皆さん!!行けるときに行くべきですよ!!絶対!!!!

ちなみに…

帰りはセスナでした 新島~東京(調布)までわずか45分 船の10分の1の時間!!まさにワープ!
f0177621_3244378.jpg

バスより小さいんじゃなかと思うくらいの大きさだけど、すごい臨場感!
f0177621_326115.jpg

操縦席も超近くて(ちなみにパイロットの隣の人は一般の乗客ですw)
f0177621_3265391.jpg

景色もきれいでへんな遊園地のアトラクションより格段におもしろかったです!!

ただし、釣り具を満載で乗り込むと料金がとんでもないことになるので注意してね♪
(私は荷物制限25㌔オーバーで総額2万2千円ちょいでした泣)

by skycaster | 2010-02-23 01:58 | 離島遠征