12月14日 船カワハギ企画

海洋大さんからのお誘いを受けて、実現した船カワハギ企画。

私は、ほぼ初めての本格的な船釣りで、食味抜群のカワハギとあって、楽しみにしていた。

メンバー:KANさん 柏崎くん 鈴木さん 大杉さん 飯田くん 私

朝、4時。起きるやいなや、窓を叩く雨。。。 萎える…

それでも、風がない限り船は出船するので、頑張って準備して、出船場所の鮫洲まで向かう。

ポイントの金谷沖までは、出船場所の鮫洲から1時間弱。

キャビンで少し仮眠をとり、外へ出てみると!

風ビュービュー 雨ザーザー 気温鬼さむ

という釣り人にとっては、まさに三重苦ともいうべきバットコンディション!

それでも、ここまで来たんだからと、結構揺れる中早速釣り開始。

オモリ25号を使っていたものの、水深が20メートル以上あるので、結構底をとるのが難しい。

序盤は餌取りのトラギスにまじり、カワハギがぽつぽつとヒットしてくる!

立教勢第一号は大杉さん。船釣り経験者というだけあって流石である!

私も、釣りに集中しようとするのだが、

靴およびズボンおよび上着(要は全部)がものの30分程で完全浸水。

さらには、手が寒さでかじかんで、アサリがつけられない&ベイトリールのスイッチさえ押せない状況に(汗)

ううっ、大会でもない限りは、こんな状況FX級の私には耐えきれない!

ということで、船中1,2を争う早さで、キャビンに避難。あがりの合図があるまで、冷凍マグロのようにキャビンで転がっていた。。。

午後1時、鮫洲帰着。

船宿のストーブにかじりつくメンバー。いつも恐れている火がこんなに頼もしくみえるときはない!www

KANさんと、「今ならむしろ、燃やしてもらいたい」と、よく分からないことを言い合っていたw

寒さで人間の活性も、シビアだったが、カワハギの活性も芳しくなく、一人1尾~2尾の釣果だった。(私は6投くらいしか根性が持たず、ノッシュでした泣)

そんな中、立教勢は比較的健闘し、飯田くんが、20㌢前後の型ながら4尾を釣りあげトップ!

柏崎くんが、25㌢と28㌢の良型を揃える!
f0177621_20313971.jpg
肝パンの28㌢!頑張って釣ってる人にはやはりいいのがくるんですなぁ。
f0177621_2033333.jpg
私は今年80日以上釣りに行ってるが、今日が一番辛い釣りとなったw

穏やかな日にぜひカワハギリベンジしたいっす!

by skycaster | 2008-12-14 20:34 | 釣行記