3月19日・20日 第四次新島遠征

member:KOTA 私

震災の影響で一時はまさかの一人新島遠征になりかけたが、出発前日になり、今回の状況下においてもっとも来なさそうな人ランキング1位のKOTAがまさかの参加表明

1泊2日の弾丸行程ながら、今回も新島にいって参りました

19日

状況が状況だけに当然といえば当然なのかもしれないが週末の夜にもかかわらずゴーストタウンと化したみなとみらい地区を歩き横浜大桟橋より新島に向けて出船

翌朝8時無事新島に降り立つ

事前に治五平に問い合わせていたのだが、島内は東京と違い普通に物資も流通してガソリンも通常どおりあるらしく一安心

早速車を借りフカセ狙いで渡浮根港へ
f0177621_2250721.jpg

前回の2月とはうって変わり風も穏やかで非常によろしい

さっそくコマセをまき釣り開始

開始1時間はコマセが効いてないのか反応はなかったが、徐々にコマセが効き始めると…
f0177621_2251402.jpg

いきなりの39㌢!!

真昼間、しかも堤防からこのサイズがでるのはさすが新島である!!

その後も
f0177621_22535353.jpg

30㌢!
f0177621_22544876.jpg

36㌢!!

いいかんじ!!

そしてKOTAはとってもおいしそうな
f0177621_22561391.jpg

27㌢肝パンのカワハギゲット!!

さすがに12時を過ぎると喰いが渋くなってきた

そこで20~30メートルのかなり沖を流す作戦に

するとこれが的中!
f0177621_22594611.jpg

35㌢!!

そしてとうとうKOTAにも待望のヒット!
f0177621_2302779.jpg

これまた同サイズ!!
f0177621_2305737.jpg

10時から15時までの全釣果

またしても30㌢以下のメジナは釣れなかった

新島すごすぎる…

夕マズメは夢のお魚を狙いにいくことにして夕マズメ前の3時には切り上げる

夕方、間々下 羽伏浦と見て回るも波風の状況が思わしくなく、夜のエギングにかけることに

赤イカが釣れているらいし黒根港は電気ウキのイカ師でぎっしりだったので再び渡浮根に

渡浮根の赤イカは昨年の3月私がチョコタツくんと行った時、一人で8杯も釣ることができた穴場スポットなのだ!

そして今回もその時と同じように表層をダート系のアクションで探っていく

が、、、なんの反応もない…

全然ダメなのでもう帰ろうかと思っていたその時!

普段通りの釣り方をしていたKOTAにヒット!!

ばれないように慎重に寄せてくる、、、

が、、ふっと軽くなってしまった…

戻ってきたエギをみるとイカの噛み後がざっくり

結構なサイズだったのかもしれない

このバラシでやる気がはいった我々だったがその後は何事もなく終了

翌朝のルアーにかける!

20日

無事6時前に起床

まずは羽伏浦へいくもbig wave…

しかたがないので間々下へ
f0177621_239696.jpg

濁りが若干入っているもののなんとか釣りはできそうだ

新島マリンのおっちゃんによるとここ数日は濁りの影響であまりよろしくないらしい

そうそうに波にやられて浸水しながらもルアーを振り続けること2時間

前月のマダイもう一度  

もう一度

もう一度…

だ、だめだった…(泣)

結局こんかいも夢のお魚はおあずけ…

直近ではもう新島に行く予定はないが、夢の魚を獲るその日まで 私は新島に通い続けます

おまけ
f0177621_23115719.jpg

春は出会いと別れの季節

帰りの船では各島で島をでる高校生のお見送りが行われていて全く関係のない私もちょっとうるっときた

就職だろうか進学だろうか

いずれにせよ社会の荒波に負けず頑張っていってほしいです(ノ・ω・)ノ

by skycaster | 2011-03-21 23:15 | 離島遠征