2月11日~13日 第三次新島遠征

member:チョコタツくん さぎょちゃん 私

第一次新島遠征でかなりの好釣果を得られたので、1ヶ月の間をおき再び新島へと出撃!

天気的には3日間かなりよろしくない模様で客船も条件付き出航だったが、なんとか新島にたどり着くことができた。

11日

朝8時過ぎ結構な荒天状況の中かろうじて新島に降り立つことができた

空は限りなくどんよりして雨も強い。。。
f0177621_14461813.jpg


宿のおっちゃんの車で宿まで向かう

おっちゃんによると昨日羽伏浦の港内で90㌢のマダイがルアーであがったらしい!

が、さすがにすぐには竿を出す気にはならずひとまず宿で12時過ぎまで仮眠zzz

14時過ぎ、雨は依然として強く降っていたが、釣りをしないわけにはいかないので渡浮根港へと向かう

現地に着くと当然のように人はおらず

かろうじて竿は出せるものの雨&風がはんぱない(汗

こんな状況で釣れるのか…

が、30分ほどたったころ、チョコタツくんが30㌢ちょいのメジナをあげる!
f0177621_14552797.jpg

夕マズメに向けて期待感じせずにはいられない一尾!

そしてしばらくたったころ私にもヒット!

やりとり中とんでもない暴風が吹いてきて若干ぱにくりながらなんとかネットイン!
f0177621_1457399.jpg

38㌢!!

これで私はこの日はあがったなと少し余裕をかましていたところに…
f0177621_145840100.jpg

チョコタツくん44㌢!!!!!!

テトラ際でかけた魚は激しい抵抗をみせ竿が半端なく曲がっていたがなんとかとりこみに成功!

かなりでっぷり太ったナイスバディの口太だ!!

雨風かなり強い状況の中私の服は完全に浸水していたがもう大興奮

後はさぎょちゃんが釣れば完璧だということで、チョコタツくんの釣っていた1級ポイントにさぎょちゃんが入る

そして、あのへんで喰うよ~とチョコタツくんと二人でいっているとまさにその位置でウキが沈んだ!!

相当な型者のようでレバーブレーキを使って懸命に耐えるさぎょちゃん

かなり暴れられたがネットインに成功!
f0177621_154891.jpg

写真がちょっと失敗してしまったのだが尾長の43㌢!!!!

美しい!!美しすぎる流れだ!!!!

結局この日の全釣果
f0177621_1571087.jpg

メジナ(口太)×2(44~38センチ)
メジナ(尾長)×2(33~43センチ)

釣れたメジナはすべて30㌢以上で木端の類は一切かからなかった!

初戦でいきなりまさかの勝利をおさめた我々は意気揚々と宿に帰還

雨が依然強かったのと下着まで浸水し完全に冷え切っていたのでこの日の夜釣りは中止

明日のヒラメ様に向けて寝ることに

12日

朝5時過ぎ起床

新島はなぜか朝は頑張って起きられる(笑

とりあえず第一次新島遠征でヒラメ様をあげた羽伏浦サーフへ

が、向かい風になっており釣りはかなり厳しそう

そこで追い風になる間々下海岸へ
f0177621_1517645.jpg

海岸へおりたってみると風気になるほどではなく釣りはできそうだ

チョコタツくんとさぎょちゃんは海岸左側のサーフへと向かっていったが、私は何かひっかかるものがあり、釣りにくいものの、海岸右の護岸で釣りはじめる
f0177621_15184987.jpg

打ち寄せる波に何度も浸水しそうになりながらキャストを繰り返す ルアーは宿のおっちゃん推奨のSHIMANO ヒラメミノー

そして7時前だったろうか

沖にフルキャストし数巻きしたことろ ガツン!!!

きき、きたーーーーーーー!!!!!!!!!!

アワセも決まり、最初の数メートルは素直に寄ってきた

が、、、、ここで大問題が発生!!

上の写真からも分かるように釣り座から沖合2~3㍍まで沈みテトラが入っており取り込みができない!

どどどどど、どうしよう(p・Д・;)

周りには人が誰もおらず一人大パニックに陥る私

魚は近くに寄れば寄るほど激しい抵抗をみせ10フィートのシーバスロッドは折れんばかりの曲がりをみせる!

なんとかとりこめる場所をさがし護岸上を右往左往するが取り込めそうな場所はなし

一瞬海に飛び込もうかと思ったが波が強く自動膨張式のライジャケが作動してしまうこと必至なので思いとどまる

そして魚が10㍍手前まで寄ってきて一瞬ぎらっと水面下でヒラをうった


まままま、マダイだーーーーーー!!!!!

しかも70㌢は優にあろうかというサイズ

もう完全に大パニック

このままいっても取り込めないことはわかっていても手が勝手にリールを巻いてしまう…

そして、テトラ際までよった魚が最大限の抵抗をみせドラグがうなりをあげたその瞬間…

急激にテンションが軽くなりルアーが自分に向けて飛んできた

バ、、、バレター!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

やってしまった、千載一遇のチャンスを逃してしまった。。。

ロッドを放り投げf〇ck!!!!と叫びながら壁を叩き荒れに荒れる(泣

ルアーをみるとカルティバの太軸フックがぐんにゃりと曲げられていた(;´Д`A

完全に戦意喪失に陥った私

これまでの経験上超大物はばらした後にもう一度かかってくれることなどありえない

最大級に落ち込みながらチョコタツくんとさぎょちゃんのところに

するとさぎょちゃんもヒラメらしき魚をかけたものの、すぐに逃げられてしまったらしい。。。

夢の魚まであとちょっとというところまで迫った我々だったが結局この日の朝は収穫なしで渡浮根港へ転戦

この頃から結構強い雨が降ってきた

朝のマダイ様をバラシた私は完全に心ここにあらず

雨がおさまるまで車の中でひたすら自分と向き合っていた(謎

もう朝マズメの時間は終わっていたがこの日も渡浮根はすごかった!
f0177621_15494826.jpg

チョコタツくん43㌢!!さぎょちゃん32㌢!!!

昼過ぎには雨が一段と強まったのでいったん宿に戻り夕方から再び渡浮根へ

釣り開始しばらく私にかなりの大物がヒット!!

底の方でギラっと光ったのでシマアジかと期待したもののあがってきたのは
f0177621_15525136.jpg

40㌢近い良型サンノジ!!

同サイズのメジナと比べると格段に引いた!

夕マズメにむけて期待がもたれたが、この後は私が35㌢前後のメジナを2尾釣ったのみ
f0177621_15545354.jpg

2日目の釣果

メジナ×4(43~32センチ)
サンノジ×1(40センチ)

暗くなり宿に帰還 この日は夜釣りができる最後の日だったので出撃準備をしていたところまさかの雷襲来(汗

さすがにこの状況では釣りはこわいので明朝3時に出発するとしていったん就寝

13日

朝3時、外に出てみると雨は止んでいた

とりあえず一昨日90㌢のマダイが上がった羽伏浦漁港へと向かう

私とさぎょちゃんはルアー チョコタツくんは電気ウキのフカセで狙う

1時間ほど投げたものの、マダイ様のキーワードであるきびなごは確認できず、フカセもウネリに苦しみ釣りずらそう 

そこで夜明けまで再び渡浮根へと向かう

ここで私とチョコタツくんが電気ウキのフカセに挑戦したのだが、いままでとはうって変わってかすりもせず。。。

夜も明けたので夢の魚を釣る最後のチャンスと羽伏浦へと向かう

が、、サーフィンの動画に出てきそうなBIG WAVEがおきており釣り不可能

間々下もまわってみたが波が高く釣り不能

ううっ、夢の魚はまたしてもおあずけか…(泣)

結局再度渡浮根へと戻り3人でウキフカセ

先端ポジションには人がいたため堤防中ほどで竿を出す

さすがに3日目ともなると反応は厳しく私が35㌢ さぎょちゃんが31㌢ チョコタツくんが28㌢を釣ったのみ
f0177621_1654351.jpg


11時前宿に戻りこれまでの釣果を並べてみる
f0177621_1662335.jpg

圧巻ナリ!!!

メジナ×10(44~30センチ)※うち40オーバー3匹!!

こんな光景雑誌でしかみたことない!

今回30㌢以下のメジナはほとんど釣れなかった!新島にいるとメジナのサイズの感覚が完全に麻痺してしまうのがこわいw

メジナは大勝利をおさめたわけだが、個人的にはやはりマダイ様のバラシが忘れられない!!

第3次新島遠征も近々出陣予定なのでなんとしても夢のお魚を釣りたいものだ!

by skycaster | 2011-02-22 16:09 | 離島遠征